米国の仮想通貨アンケート、5人に1人が「投資経験あり」と回答

米国の仮想通貨普及進む

米メディアNBCニュースは31日、米国における暗号資産(仮想通貨)の普及率に関するアンケート結果を発表した。回答者1,000名の内、21%が仮想通貨に一度でも仮想通貨に投資したことがあると回答し、米国における普及が進んでいることが伺える結果となった。

また、ユーザー層別では、最も仮想通貨に触れた確率が高かった(約50%)のは18歳から49歳の男性だった。年齢別では、18歳から34歳の回答者が42%も投資する傾向が高かった。

一方、仮想通貨に関する印象では、全体の19%のみが仮想通貨を肯定的に捉えていると回答し、仮想通貨をマイナスに捉える回答者(25%)を下回る形となった。半数以上の56%が仮想通貨に対する印象は「中立的」または「よく分からない」と応答している。

今回のアンケートは回答者が1,000名に留まったため、参考程度となるものの、仮想通貨企業NYDIG社が2021年1月時点に実施した調査では、米国市民の約7人に1人が仮想通貨を所有していることが明らかになっていた。

関連: 米国の4,600万人が仮想通貨を保有──NYDIG調査結果が反響

なお、国内暗号資産取引所bitFlyerが2,000名の日本市民を対象に21年1月に実施した調査では、5%が仮想通貨取引を「利用している」または「過去に利用したことがある」と回答しており、国内利用率は米国の4分の1以下に留まっていた。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します