暗号資産コミュニケーションアプリ「Links」、ローンチ1周年でユーザー招待機能を追加

友人を招待してJPYC

合弁会社としてCoinPostが参画するLinks株式会社は5日、アプリ内でユーザー同士の招待機能のリリースを発表した。Linksのアプリ本リリースから1周年を迎えたタイミングでの実装となる。

これにより、アプリに招待する側と招待された側の双方が、日本円に連動するステーブルコイン「JPYC(JPYコイン)」を受け取ることができるようになった。

招待機能「友達の招待」は、知人をLinksダッシュボード(Links ID:7000103807)に招待することで、「招待した側」と「招待された側」の双方がJPYCを手に入れることができるサービス。また、招待した人数が一定数に達する度に、ボーナスが付与される仕組みだ。

ボーナスが付与される招待人数は以下の通り。招待人数が1,000人に達すると記念品も同時にもらえる。

招待した人数 付与されるJPYCの金額
5人 300JPYC(300円相当)
20人 1,500JPYC(1,500円相当)
50人 5,000JPYC(5,000円相当)
100人 15,000JPYC(15,000円相当)
500人 50,000JPYC(50,000円相当)
1,000人 100,000JPYC(100,000円相当)+記念品

参加方法

1.Linksをダウンロード

2.アプリ内の検索画面で「Linksチーム」のID:7000103807を検索して、ロボを追加

3.追加後、画面の「ロボマーク」をクリックしてダッシュボードに移動

4.ダッシュボード内の「友達の招待」をタップ

5.①「QRコードを表示」、②「招待URLをコピー」、③「Linksユーザーに共有」のいずれかの招待方法を選択して、招待したいユーザーに送信

6.以下の方法で招待に応じれば、双方が報酬を手に入れることができる

  • 「QRコードを表示」:QRコードをユーザーが読み取る
  • 「招待URLをコピー」:コピーした招待URLを任意のSNSで送信後、ユーザーがそのURLをタップ
  • 「Linksユーザーに共有」:Links内に送信される「Linksダッシュボードに参加しよう!」をタップ

Linksとは

Linksは、ブロックチェーン等の分散型台帳技術を活用した仮想通貨管理アプリ。携帯番号と6桁のPINコードによって、安全かつ簡単な管理が可能。

また、暗号化技術によってプライバシーを保護されたメッセージ通信とコミュニティ形成や、同システム内でのトークン送受信の無料化を提供。新時代のビジネスやコミュニティ形成が可能なプラットフォームだ。

なお、同アプリおよびプラットフォームを提供しているLinks株式会社はCoinPostとINBlockchainの合弁会社。分散型技術を活用した次世代プラットフォームの開発及び運営を行なっており、暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーン等の分散型技術の活用による「ビジネスのDX化」や「トークンエコノミー」に関心のある企業のサポートも提供している。

企業概要

  • Links株式会社
  • 資本金:3,000万円
  • 設立:2020年11月11日
  • 代表取締役CEO:各務貴仁
  • 所在地:東京都荒川区東日暮里3丁目27番5号 BHビル7階
24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します