リスク回避売りがビットコイン相場にも波及か、Boba Network(BOBA)は前日比+14.6%

仮想通貨市況

5日の米国株式市場では、NYダウ平均株価が前営業日比280ドル70セント(0.8%)安と3日ぶりに反落した。

ハト派で知られる米FRBのブレイナード理事が、バランスシートについてインフレ抑制に向けた急ピッチの資産圧縮の必要性に言及したこと、ウクライナ情勢を巡り欧米によるロシアへの制裁強化方針などが伝わり、リスク回避の売りが広がった。米長期金利が3年ぶりの高水準まで急上昇したことも投資家心理を後退させた。

これを受け暗号資産(仮想通貨)市場も米国時間から下落基調に。午前8時から9時にかけて一段安となり、昨日高値を約3,000ドル下回る44,411ドルを付けた。

BTC/USD日足

アルト市場

米最大手企業Facebookの「メタ社」への社名変更で一躍脚光を浴び、世界各国で企業参入が相次ぐメタバース(仮想空間)セクター。 関連銘柄では4日、The Sandbox(SAND)がデジタルウォレットLedgerとのパートナーシップを発表した。これを機にメタバース全般のセキュリティサポートを提供する。

一方、昨年11月の爆発的な関心レベルの高まりと比較すると、新規参入者数(アカウント)の増加ペースは落ち着きを取り戻しつつある。

Dune Analytics

The Sandbox内の土地である「ランド(LAND)」の平均価格も昨年末頃に急騰したが、1区画13,500ドル(約150万円)をピークに減少傾向にあり、22年4月時点で5,000ドル(約62万円)まで下落した。

Dune Analytics

とはいえ、NFTゲームとしてはリリース前のテストフェーズである”α版”の段階であり、本ローンチが近付くにつれ需給面の変化は注目されそうだ。本稼働に向け、大手企業とのパートナーシップも続々と決まるなどエコシステムの将来性は高く評価されている。

今年3月には、世界最大のメガバンクである英HSBCが参入を決め、ゲーム上に「スポーツゾーン(Sports Zone)」を展開することを発表した。

国内企業では、ゲームメーカー大手スクウェア・エニックスが、自社IP(知的財産権)をメタバースに導入することを発表。2020年3月にザ・サンドボックスの開発を手がけるアニモカブランズ(Animoca Brands)の2.3億円の資金調達ラウンドを主導している。

今年1月には、コインチェックが、The Sandbox内に近未来都市「Oasis TOKYO」を制作するプロジェクト開始を発表。

今年3月には、エイベックス・テクノロジーズが、アーティストとファンの交流機会を設ける「エイベックスランド(仮称)」の設立予定を発表した。岩永社長が「The Sandboxに LAND(土地)を持つだけではなく、イベントや展示会、ファンとのミートアップやライブ配信など、メタバース上でしかできないデジタルエンタテインメントカルチャーを創りたい。」と抱負を述べた。

さらに今年4月には、都内を代表する商業施設である「SHIBUYA 109」の参入も発表された。

ボバネットワーク(BOBA)

国内大手取引所bitbankに上場するBoba Network(BOBA)が、前日比+14.6%と上昇。日本円で200円台を付けた。

6日にシリーズAの資金調達ラウンドで55億円の調達を発表。評価額は15億ドルに達したことなどが好感された。

関連:イーサリアムL2のボバネットワーク(BOBA)、55億円調達

調達資金は、BobaAcceleratorなどの開発者プログラムを通じて、プロジェクトチームとエコシステムの成長に用いられる。

Boba Network(ボバネットワーク)は21年9月にOMG財団のコアコントリビュータEnya.aiがローンチしたブロックチェーン。

オプティミスティック・ロールアップ(ORU)というイーサリアムのスケーリングソリューションを利用しL2チェーンからイーサリアムのL1ネットワークへの非代替トークン(NFT)の迅速な転送を可能にするブリッジ機能などを持つ。

関連:「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します