イーサリアムL2のボバネットワーク(BOBA)、55億円調達

評価価値が約1,900億円に

暗号資産(仮想通貨)イーサリアムのL2ソリューションであるBoba Network(BOBA)は6日、シリーズAで約1,900億円の評価価値として、55億円を調達したことを発表した。

調達に参加しているのは、Crypto.com、Huobi、BitMart、Kinetic Capital、Infinite Capital、Hack VCを含む複数の取引所やベンチャーキャピタルで参加者が400に及ぶ。なお、リード投資家は今回いなかった。

調達はBOBAトークンの販売によるもの。今回が初めてBOBA販売によって資金調達が実施された。BOBA創設者であるAlan Chiu氏は、The Blockの取材で、シリーズAは昨年12月にクローズしたと話したという。

新規資金の運用について、Chiu氏は発表で「戦略的成長計画の次の段階へと進む。開発、Bobaチームの規模拡大、Boba Acceleratorなどの開発者プログラム、助成金、投資によるエコシステムの構築に重点を置くことができる」と述べている。

Boba Network(ボバネットワーク)は昨年9月にOMG財団のコアコントリビュータEnya.aiがローンチしたブロックチェーンで、オプティミスティック・ロールアップ(ORU)というイーサリアムのスケーリングソリューションを利用している。

関連スケーリング問題の打開策「ロールアップ」とは|仕組みや注目点を詳しく解説

関連イーサリアムL2「Optimism」、シリーズBで170億円を資金調達

BOBAトークンは、Boba Networkの分散型自立組織「BOBA DAO」でのガバナンストークンとなっており、ネットワークの今後の運営方針などを決定する投票(議決)権として機能する。

国内の暗号資産取引所ビットバンクが3月にBOBAの取扱いとレンディングサービスを開始した事例がある。

関連暗号資産取引所ビットバンク、ボバネットワーク(BOBA)の取扱いを開始

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します