Community Gaming、ソフトバンク主導ラウンドで約20億円調達

ブロックチェーンeスポーツ拡大へ

eスポーツプラットフォームのCommunity Gamingは7日、シリーズAラウンドで約20億円を調達したこと発表した。

ラウンドを主導したのはソフトバンクグループのSB Opportunity Fundで、Animoca Brands、Binance Labs、BITKRAFT Ventures、Griffin Gaming Partnersなどの企業も参加している。

Community Gamingとはeスポーツのオールインワンプラットフォームで、プレーヤーや主催者やゲーム開発者など多くの層に向け、eスポーツトーナメントを簡単に作成し、参加するために必要なツールを提供している。2022年初頭にはユニーク登録ユーザー数が10万人に達したという。

今年後半に予定されているプラットフォームの大型アップデートにより、ユーザーはCommunity Gamingシステム内のゲーム化された「クエスト」を通じて、ブロックチェーン上で副収入を得ることができるようになる。また、中南米と東南アジアでの事業を拡大する予定もしている。

今回がCommunity Gamingの初めてのブロックチェーンeスポーツへの進出事例ではない。昨年7日、送金速度が速く負担が少ない暗号資産(仮想通貨)の賞金を活用した仕組みを模索するために、イーサリアム(ETH)のステーリングソリューションを提供する「Polygon(ポリゴン)」と提携した背景がある。

関連次世代のゲーム大会を Polygon、eスポーツプラットフォームに正式導入

関連:「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します