テラ関連のLFG、125億円のビットコインを買い増し

再び買い増し

暗号資産(仮想通貨)テラ(LUNA)の非営利組織である「Luna Foundation Guard(LFG)」は13日、125億円に相当する2,510BTCのビットコインを買い増ししたことを公表した。

購入はビットコイン相場に影響を与えないためにOTCで実施されたものだ。

現在、同組織は計42,410BTC保有しており、発表時点では約2,200億円に相当。LFGのビットコイン保有数はビットコインを保有する大口ウォレットにおいて上位20にランクインしている。

LFGはステーブルコイン「TerraUSD(UST)」に関連するLUNAの「デス・スパイラル」を避けるためのビットコインなどを準備金として購入し保有する役割を担っている団体。テラの開発を主導するTerraform Labs社のDo Kwon共同創設者は3月23日に準備金について短期では約3,600億円を確保するとした。

また、先週は6日のビットコイン買い増し後に準備金として124億円に相当するアバランチ(AVAX)も購入する予定を発表していた。

関連Luna Foundation Guard、UST準備金として124億円相当のAVAXを購入へ

LFGの運用資産を追跡するツイッターアカウント「LFG_Reserve」によると、13日付でUSTの準備金は2,800億円に達している。ビットコインのほか、LUNAやUSDCも含まれている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します