CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨リスク「Lisk Core 1.0.0」テストネット公開|変更点まとめ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Lisk Core 1.0 テストネット公開
仮想通貨リスク(LSK)の開発チームは28日、公式ブログにて「Lisk Core1.0.0」バージョンをテストネット・ネットワークにて公開したことを明らかにした。公式ブログでは、今回のLisk Core1.0.0バージョンでの変更点や、Core1.1.0の詳細が記述されている。
Liskとは
分散型アプリケーションプラットフォーム「dApps」の機能を持つスマートコントラクトの記述言語に、世界的にメジャーなプログラミング言語である「Javascript」を採用、Microsoftとパートナーシップを結んだことでも話題に。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

Lisk Core 1.0 テストネット公開

Lisk開発チームは6月28日、テストネット・ネットワークにおけるLisk Core 1.0.0バージョンへの円滑な移行に成功したことを公式ブログにて発表しました。

テストネット移行が行われた「5,594,490」目のブロックを見逃してしまった場合、提供されているスナップショットから最新のテストネットを構築し、自身のノードを手動でアップグレードすることが推奨されています。

Liskチームは、全員が移行プロセスを行うことができるように、分かりやすくまとめたドキュメントを公開していることに言及、その一読を勧めました。ドキュメント内では、移行ガイドも含まれており、定期的にアップデートされ、更新されていく予定です。

テストネット 1.0.0-rc.1 バージョンでの変更:

問題#2161:update_config.jsのスクリプトを実行している段階で、一部適切に機能しない報告がされています。この問題を避け、ユーザーにより高い柔軟性を提供するために、パスワードパラメータを作成し、config.jsonファイルを適切に移行できるように修正しました。

問題#2157:Docker用のテストネット1.0の設定テンプレート(config.json.tmpl)が、しばらくアップデートされていなかったため、そのアップデートを行い、全ての設定変数が適切であることを確認しました。

問題#2145:Lisk Core1.0.0を公共テストネット・ネットワークに公開する際のブロック数を「5,594,490」ブロック目に定め、その段階で、タイプ6とタイプ7の取引を停止しました。そのため、1.0.0バージョンでは、その取引が行えなくなります。

問題#2134:README.md ファイルをアップデートしました。Lisk Core リポジトリから、ぜひチェックしてみてください。特に、インストール部分および、テストスイートセクションを一新しました。

Lisk Core1.1.0の進捗

Core1.1.0に関しては、Liskチームは既に16個の問題(8個は完全に終了し、その他の8個はプルリクエストを受付中)を解決しました。このバージョンの進捗は、私たちのGitHubで確認することができます。

このCore1.1.0は、改善、リファクタリング、バグの修正に焦点を当てて公開される予定です。今回の注目すべき成果は以下になります。

問題#398:複数のネットワークを1回のインストールで行えるようになりました。

これを可能にするために、ネットワーク毎のファイルをそれぞれのディレクトリに格納しました。

ユーザーは、(testnet/mainnet/etcなど)コマンドラインにおける単一のパラメータのみの操作でネットワークを変えることができます。これによって、ブランチの管理をより簡潔に行えるようになりました。バージョンの命名規則もネットワーク毎に独立した形式に変更されます。

問題#2170:Forge関数がfillPool関数の後に実行されることで、偽造されたブロック内に取引が含まれない(取引が1つも格納されていない)というバグを修正しました。これは、実際にネットワークに重い負荷がかかっている場合に起こり得ました。

問題#2138:過去に、/api/delegates 内における評価項目は、降順で並び替えられていましたが、今後デフォルトで昇順に並び替えられます。

問題#216:コミュニティ内で2度に渡って定義されていた問題が解決しました。この解決によって、1ラウンド(101ブロック)が終了するべき場合に、整合性およびパフォーマンスの向上を実現しています。

次なる段階

Liskチームは、次なる大きなステップとなるメインネットでの「Core1.0.0」公開を控えています。

最後にLiskチームは、今回フィードバックや移行を行なった全ての人々および、支持してもらっているコミュニティ内の人々に感謝を述べていました。

CoinPostの関連記事

Liskオフィス訪問レポート:Core1.0実装日やロードマップ変更日について
時価総額ランキング上位の仮想通貨であるLisk。その開発チームが拠点を置いているドイツ、ベルリンのオフィスを訪問しました。Lisk Core 1.0の進捗状況をLisk財団のCEO、Max Kordek氏に伺いました。
Liskネットワーク不正トランザクション問題の真相とは|修正プログラム公開済み
6月2日、仮想通貨のリスクネットワークで不正なトランザクションが検出されました。開発チームはすでに修正プログラムをリリースしています。Liskの承認者が新バージョンをアップデートすることでブロック生成が再開されます。

Lisk Core 1.0 Testnet Release

June 29, 2018

参考記事はこちらから
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/15 土曜日
10:10
バイナンス前CEOのCZ氏、BNB流通量の64%を所有=フォーブス
仮想通貨取引所バイナンスのCZ前CEOの資産総額がBNBトークンの価格上昇と共に増加。9.6兆円に達したと見積もられている。
08:50
ビットコインレイヤー2「Stacks」、9時間ほどブロック生成停止
仮想通貨ビットコインに属するレイヤー2ネットワーク「Stacks」は14日、ブロック生成が約9時間停止し、混乱に見舞われた。
08:30
金融庁、海外仮想通貨取引所LBankに警告
金融庁は6月14日、海外仮想通貨取引所「LBank Exchange」に対して、事務ガイドラインに基づき、無登録で仮想通貨取引を提供しているとして警告した。
07:55
BTC価格は25年末までに20万ドルへ=バーンスタイン
仮想通貨ビットコインの価格は25年末までに20万ドルまで上昇する可能性があると、バーンスタインのアナリストが予想を引き上げた。予想の根拠を説明している。
06:50
ビットコイン一時66000ドル割れ、280億円相当のロングがロスカット
仮想通貨ビットコインは15日、前日比1.3%安。14日深夜に66,000ドルを割り込み一時65,000ドルまで急落。その後反発し、66,000ドル台を回復した。
06:00
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増しの資金調達額を引き上げ
より多くの仮想通貨ビットコインを購入するために、マイクロストラテジーは14日、転換社債売却の発行額を引き上げた。
05:45
DMMビットコイン、顧客補償用ビットコインを調達完了
暗号資産取引所DMMビットコインは顧客への保証のためのビットコインをすべて調達した。
06/14 金曜日
17:45
オーケーコイン・ジャパン、トンコイン(TON)の新規取扱い開始を発表
国内暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)にトンコイン(TON)が上場することが発表された。TONは大手メッセージアプリTelegramが始めた分散型ブロックチェーンであるThe Open Network(TON)のネイティブトークン。
17:26
チリーズ(CHZ)が17日にハードフォーク Tokenomics 2.0を導入へ
Chiliz ChainがDragon8ハードフォークを計画。EIP-1559の実装とTokenomics 2.0で暗号資産(仮想通貨)CHZのユーティリティを強化する。
15:37
トンコイン(TON)が過去最高値を更新 テレグラム・エコシステムでの成長が後押し
暗号資産(仮想通貨)トンコイン(TON)は14日に史上最高値を更新し、一時8.00ドルに達した。テレグラム・エコシステムにおける統合と新機能の導入がその背景にある。
13:10
韓国最大手アップビット、RWA銘柄ONDOを新規上場
仮想通貨ONDOは、ブラックロックとPIMCOが提供する米国債ETFに投資するRWAオンチェーンファンドOndo Financeのガバナンストークン。発表後一時16%急騰していた。
12:30
リップル社、罰金はテラフォームラボの事例と比べても過大と主張 対SEC裁判で
リップル社は米証券取引委員会との裁判で、再度SECの提案した罰金額は過大と申し立てた。テラフォームラボの件を参照している。
12:19
ビットコイン相場はCPI・FOMC通過で乱高下、売り買いのシグナル交錯へ
暗号資産(仮想通貨)市場では、CPIやFOMC結果を受けビットコイン(BTC)が乱高下するなど一時ボラティリティが急上昇した。大手マイナーの売りシグナルやCMEの先物ショートの行方にも関心が集まる。
11:30
BNBチェーンとバイナンスラボ、BNB基盤プロジェクト支援へ
BNBチェーン基盤の仮想通貨プロジェクトはBIAに参加することで、バイナンス・ラボとBNBチェーンから出資を受けることができる。
10:40
ソラナなどアルトコインの現物ETFが承認される条件は? 識者が議論
仮想通貨業界の識者らは、ソラナなどアルトコインの現物ETFが米国SECから承認されるための様々な条件について議論した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア