サムスンの投資会社、アジア初のブロックチェーンETFの上場を目指す

アジア初のブロックチェーンETF

韓国紙The Korea Economic Dailyは28日、韓国大手サムスン電子傘下の投資会社Samsung Asset Managementが現在、ブロックチェーンETF(上場投資信託)の上場を進めていると報じた。

報道によると、Samsung Asset ManagementはブロックチェーンETFを今年の上半期に香港証券取引所に上場させようとしている。実現すれば、アジア初のブロックチェーン関連ETFになりうるという。

このETFは「BLOK ETF」という米国のAmplify社が提供する上場投資信託の仕組みに近いとされる。BLOK ETFは、ポートフォリオの80%を暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーン関連企業の株式に投資するというもので、Coinbase(コインベース)やMicrostrategy(マイクロストラテジー)、Nvidia、SBI Holdings、Galaxy Digitalなどの大手企業が含まれている。

関連米マイクロストラテジー、社員に確定拠出年金でビットコイン投資を提供へ

Samsung Asset Managementは3月下旬に、ETFプロバイダーのAmplify社から20%の株式を取得し、アジアのETFパートナーとして戦略提携を結んだ。

なお、Amplifyはカナダ初のビットコインETF「PURPOSE BITCOIN ETF」や「3IQ COINSHARES BITCOIN ETF」に投資するETFも運用している。

関連ビットコインETF(上場投資信託)最新情報まとめ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します