ブロックチェーン分析企業Elliptic、無担保型ステーブルコインについて見解

「規制当局の議論が加速するだろう」

ブロックチェーン分析企業のEllipticは14日、暗号資産(仮想通貨)と金融犯罪についての記事を発表。最近のUSTディペッグ騒動に関する見解も披露した。

Ellipticの政策・規制担当責任者David Carlisle氏は記事で、無担保型(アルゴリズム型)ステーブルコインについて「アルゴリズムを使用して、市場参加者にインセンティブを与えたり、供給を操作したりして、価格を保つもの」と説明している。

その上で、Carlisle氏は、次のように論じた。

しかし直近では、TerraのUSTアルゴリズム・ステーブルコインの失敗により、これらのアルゴリズムが常に有効であるとは限らないこと、特に極端な市場環境下ではそうであることが示された。

規制当局はすでに、ステーブルコインの消費者保護、市場行為、金融安定性へのリスクについて盛んに議論を行っているところだが、UST騒動がさらに議論に油を注ぐことになると思われる。

USTを巡る一連の騒動により、規制当局の動きが刺激されるだろうという見方だ。

ステーブルコインとは

ステーブルコインは暗号資産の一種で、BTCやETH、XRPなど変動性のある資産とは異なり、米ドルなどに裏付けられその価値($1)を保つことが目的だ。米ドルの裏付けによるステーブルコイン(USDT・USDC)のほか、DAIやUSTといったアルゴリズムを利用するステーブルコインもある。

▶️仮想通貨用語集

ステーブルコインのリスク

Carlisle氏は、国際的な規制機関である金融活動作業部会(FATF)が2020年に、リスクと結びつく可能性のあるステーブルコインの特徴として論じたことを紹介している。FATFは、以下の要素をステーブルコインのリスクとして挙げていた。

  • 匿名性
  • グローバルな展開と大量採用の可能性
  • レイヤー化

具体的には、「自己管理型(非ホスト型)ウォレットを使用したピアツーピア(P2P)取引による匿名性」、「社会や金融システムに迅速・大規模に採用される可能性のあるステーブルコインが金融システムにもたらすリスク」「犯罪収益を何層(レイヤー)かの形で安定的に保持しておくことに利用されるリスク」などに言及する形だ。

Carlisle氏は、こうした議論を紹介した上で、Ellipticの調査によると「マネーロンダリングにステーブルコインが使用されるケースは、実際には稀である」としている。

また、ステーブルコインは、ビットコインなど一定の検閲耐性を持つ仮想通貨と比べて、よりリスクを軽減できる機能を有していることが多いとも述べた。「ステーブルコインの取引は可逆的で、詐欺など犯罪が確認された場合、発行者が容易に資金を回収することができる」という。

規制を求める声高まる

Carlisle氏が指摘するように、各国政府機関の関係者も、USTディペッグ騒動を受けて、規制の必要性について改めて論じているところだ。

G7は19日、包括的な規制の迅速な策定・実施を進めるようFSB(金融安定理事会)に要請した。

また、仏中銀のフランソワ・ヴィルロワ・ド・ガロー総裁も、UST問題について「グローバルな規制が早急に必要であるという警鐘」として捉える必要があると発言し、仮想通貨を「適切な方法で規制、監督、相互運用」する必要性を訴えた。

関連G7、仮想通貨規制の迅速な策定を促す USTディペッグ騒動も背景に

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します