米国版FTX、株取引サービス拡大に向け「証券スタートアップ」の買収準備か

株取引サービス拡大に向けた動きか

グローバル大手暗号資産(仮想通貨)取引所FTX傘下の米国向け取引所FTX.USは現在、少なくとも3つの株取引関連スタートアップの買収を打診しているようだ。米CNBCが情報筋の話として報道した。

FTX.USが買収交渉を行なっているとされているのは、Webull、Apex Clearing、Public.comの3社。

この3社はいずれも、米国証券業界最大の自主規制機関である金融業規制機構(FINRA)に加盟しており、証券仲介業務を行うこと可能。Apex Clearingは、清算・保管(クリアリング)サービスを含む幅広い金融サービスを提供しており、WebullとPublicは同社の顧客でもある。

FTX.USは19日に、株取引のためのプラットフォーム「FTX Stocks」をローンチしたばかりだ。FTX Stocksでは、取引資金の入金に従来の銀行送金やクレジットカード決済に加え、業界初となる米ドルのステーブルコイン「USDC」の利用が可能。また取引手数料は無料となる予定だという。

現在は一部の米国ユーザーのみにプライベート・ベータ版でサービスが提供されているが、FTXのサム・バンクマン・フリードCEO(通称:サム氏)は、今後数ヶ月で、FTX USの全ユーザーがFTX Stocksを利用できるようにする予定だと述べている。

関連:米国版FTX、株やETFの取引サービス(ベータ版)をローンチ

FTXとは

FTXは、主にデリバティブを提供する仮想通貨取引所で、出来高はバイナンスに次ぐ規模。最近では日本に進出したことでも大きな注目を集めた。「SBF」の通称で知られるサム・バンクマン・フリード氏が最高経営責任者を務める。

▶️仮想通貨用語集

全資産クラスのための取引プラットフォーム

FTX.USのブレット・ハリソン社長は、仮想通貨やNFT(非代替性トークン)、そして株式が「簡単に」取引できる統合されたプラットフォームとして、FTX Stocksを構築したと述べている。同社は「全ての資産クラスで総合的な投資サービスの提供」を目標としているという。

ハリソン氏は、世界最大の個人投資家市場を抱える米国で、資産クラスの違いによって投資アプリを分けることは望ましくないと語っている。

FTXの動き

FTX.USは昨年8月末、米仮想通貨デリバティブ取引所LedgerXの買収を発表。LedgerXは米商品先物取引委員会(CFTC)からデリバティブ提供の許可を取得済の企業で、ビットコインの先物やオプション取引、スワップ取引を提供している。

FTX.USのハリソン社長は、LedgerXの買収により、「一からライセンスを取得して市場に参入するより容易になる」とコメントしていた。

関連:米国版FTX、仮想通貨デリバティブ取引所を買収へ

今月半ばには、米ロビンフッド(人気投資アプリ提供)の株式の7.6%をサムCEOが取得したことが明らかになり、買収を検討かという憶測が広まった。なお、米証券取引委員会(SEC)に提出された書類によると、取得の目的は「投資」だが、同氏はロビンフッドを「魅力的な投資先」と見ているようだ。

関連:仮想通貨取引所FTXのサムCEO、ロビンフッドの株を7.6%取得

CNBCによると、フィンテック株の急落により評価額が低下していることから、同分野ではさらなる統合が進むと予想されるという。

JMP証券のフィンテック調査部門ディレクター、デヴィン・ライアン氏は、フィンテック業界では戦略的買収によって成長が加速されるため、潤沢な資金をバックに企業買収における需要は強いと予想している。

買い手は、製品機能や専門知識の追加、顧客獲得コストの上昇に伴う顧客層の拡大、さらに雇用競争が高まる中では単に人材確保などの目的で、対象企業を探すと思われる。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します