ゴールドマン・サックス、FTXのデリバティブを導入か

デリバティブ取引機能を導入か

米金融大手ゴールドマン・サックスは大手暗号資産(仮想通貨)取引所FTXと協業し、デリバティブ取引の機能を導入する事業を進めているようだ。Baron’s誌が1日に報じた。

Baron’sが入手した情報筋の内容によると、ゴールドマン・サックスはFTXと交渉中のFCM(CFTC認定の先物取引業者)の1社であり、FTXとの統合計画に関しては、先物の直接取引、顧客の紹介、取引所へのオンランプとしての役割、あるいは顧客に対する資本の上乗せなどが考えられるという。

FTXは現在米国でデリバティブ取引に特化した「FTX US Derivatives」をもって、FCMを介さずにデリバティブ取引を自社プラットフォームで直接清算できるようにCFTCに働きかけているところだ。

FTXの提案については、CFTCはこれまでCMEやJPモルガンなどの大手FCMやFTXの経営者、専門家などを招待し、円卓会議を開催した背景がある。なお、CMEはFTXの提案に反対している。

関連米CFTCの円卓会議 清算機関改正に関するFTX申請を議論

ゴールドマン・サックスとFTXの協業の可能性については4月にも報じられていた。当時はゴールドマン・サックスのデービッド・ソロモン最高経営責任者(CEO)とFTXのサム・バンクマン・フリードCEOが、3月にカリブ地方で「両社の協業の可能性、仮想通貨の規制対応、FTXの資金調達」について会合を開いたことが明らかになっていた。

関連ゴールドマン・サックス、仮想通貨取引所FTXと協業か=FT報道

関連日本進出した最大手仮想通貨取引所「FTX」とは |主な特徴とサービスを徹底解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します