米PayPal、仮想通貨のウォレット機能を拡張

新機能追加

米送金大手PayPalは暗号資産(仮想通貨)サービスについて新機能を追加したことが明らかになった。

新機能の実装によって、ユーザーはPayPalの口座から、外部の仮想通貨ウォレットに出金したり、外部の仮想通貨ウォレットから入金したりすることが可能になる。入金手数料は無料で、出金手数料はブロックチェーンのトランザクション手数料のみ。

送金の対象銘柄は、PayPalで売買できるビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)の4銘柄で、送金可能なウォレットには、取引所のアドレスやハードウォレットも含まれる。

また、PayPalはニューヨーク州で「ビットライセンス」という仮想通貨業者の許認可を取得したことも発表。これから、ニューヨーク州の住民にも仮想通貨サービスを提供可能だ。

PayPalのDan Schulman CEOは今年の4月の決算説明会でデジタルウォレットのサービスを拡張する意欲を示した背景がある。

関連米ポーツマス市、市税がPayPal経由でビットコイン支払い可能に

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します