ハッカー、1,800万のOPトークンを返還

盗難資金を返還

9日に起きたOptimismのOPトークン不正流出の事件で、ハッカーは1,800万のOPトークンを返還したことがわかった。

ハッカーは9日に、2,000万のOPトークンをWintermuteのマルチシグアドレスから不正に取得し、100万OPを売却したが、その後は100万のOPをイーサリアム創設者であるヴィタリック・ブテリン氏のウォレットに送金した。

今回の返還にあたって、ハッカーは100万のOPを18回にわたって、Optimismのコントラクトアドレスに送金していたことが確認された。

Optimismはイーサリアム(ETH)のL2ソリューションを開発する企業で、今月1日にガバナンストークンのOPをエアドロップの形で配布している。今回流出した分はマーケットメーカーWintermute側に送金する予定のものだった。

Wintermuteの代表者は声明で「今日のニュースは、非常に前向きな展開と捉えている。Optimism財団が完全なものとなり、エコシステムの構築と成長に集中できるようになったのだ」、「脆弱性を発見した人物は、ホワイトハットハッカーになることを選択し、仮想通貨コミュニティ全体にとって良い前例となった。そしてWintermuteは、懸賞金を損失として受け入れなければならない一方で、これからはOPトークンの流動性提供に完全に集中できるようになる」とコメントした。

関連イーサリアムL2「Optimism」、OPトークンをローンチ

関連スケーリング問題の打開策「ロールアップ」とは|仕組みや注目点を詳しく解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します