Facebook社が初の”ブロックチェーンディレクター”を任命|仮想通貨・ブロックチェーンへの肯定姿勢を強める

Facebook社がブロックチェーンディレクターを任命
Facebook社のシニアエンジニアが、同社で初となるブロックチェーン・ディレクターに任命された。同社は、仮想通貨広告の全面禁止を緩和するなど、仮想通貨やブロックチェーンに関する好意的な姿勢を見せている。
Facebookと仮想通貨・ブロックチェーン
これまでにも、同社と仮想通貨・ブロックチェーンに関する報道が多くなされてきました。CEOのマーク・ザッカーバーグ氏が仮想通貨に関して好意的な言及を行ったことや、仮想通貨の広告禁止の規制緩和など、同社の仮想通貨・ブロックチェーンに対する姿勢がより好意的な方へ傾き始めていることが窺えます。

Facebook社がブロックチェーンディレクターを任命

米IT企業の雄であるFacebook社が、ブロックチェーン開発に向け動き出したようです。

今年5月に報じられたように、Facebook社はブロックチェーン技術開発へ本格的に参入することを発表しており、これまでに様々なITプロジェクトで実績を重ねてきたエンジニアやディレクターを集めて精鋭のチームを結成しています

CoinPostの関連記事

Facebook社がブロックチェーン技術研究を行う意向を発表|仮想通貨の信頼性向上に期待か
Facebook社のMarcus氏はブロックチェーン技術を活用するための研究チームを結成する意思をツイッターで発表しました。またザッカーバーグ氏も仮想通貨に関する分散型技術を研究していく意向を明らかにしました。

Facebook社のシニアエンジニアを務めるEvan Cheng氏が同社で初めての”ブロックチェーン・ディレクター(director of engineering, blockchain)”に任命されたとTechCrunchが報道しました。

同氏のツイッターでは、度々ブロックチェーン・仮想通貨に関するツイートがなされており、すでにZilliqaChainLinkといったブロックチェーンプロジェクトのアドバイザーを務めているとのことです。

また、同氏のLinkedInのプロフィールを参照すると、彼はブロックチェーン部門のディレクターに任命される以前の3年間は、Facebook社でプログラミング言語に関するエンジニアディレクターを務め、Facebook社に入社する以前はApple社に10年間勤務していた経歴をもっています。

Facebookと仮想通貨・ブロックチェーン

これまでにも、Facebook社と仮想通貨・ブロックチェーンを巡る、報道が多くなされてきました。

同社は今年1月に、当時乱立していたICOの勧誘を促す広告を全面禁止することを発表し、仮想通貨に対して消極的であるとの見方が強まりました。

しかし、同社のCEOであるマーク・ザッカーバーグ氏が仮想通貨に関して言及し、同社の抱える問題(ヘイトスピーチや誤情報の拡散)への対処法として、仮想通貨・ブロックチェーンを利用したソリューションが有効であると発言しました。

また、6月には仮想通貨広告の全面禁止を緩和し、一部の広告を再び許可することを発表するなど、同社の仮想通貨・ブロックチェーンに関する姿勢が次第に好意的な方へ傾き始めていることが窺えます。

中央集権型サービスの欠点を補う解決策として、従来のIT企業の多くがブロックチェーン技術に注目しており、Facebook社もその例外ではありません。

CoinPostの関連記事

Facebookが仮想通貨広告『全面禁止』から規制緩和へ
米大手ソーシャルメディアフェイスブック社は27日、仮想通貨広告に対する「全面禁止」を改訂し、一部の広告を許可したと発表。改訂後も、ICOとバイナリーオプションに関する広告は依然として禁止対象に。
Facebook社CEOが仮想通貨に対して前向きな意見を示す
Facebook社CEOが仮想通貨に対して前向きな発言 ザッカーバーグ氏が過去二年間継続するFaceboo...

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加