Binance Pay、配車など多様なサービスと連繋へ

Binance PayとSplytが提携

様々なアプリを統合するプラットフォームSplyt(スプリット)は14日、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスとの提携を発表した。今後、バイナンスの決済アプリBinance Payのユーザーは、配車やフードデリバリーなど様々なサービスの対価を仮想通貨で支払えるようになる。

Splytは、タクシーなど配車サービス、バイクシェアリング、旅行、チケット、様々な体験プロバイダーなどのサービスを、多機能アプリやトラベルプラットフォームに統合している。

提携完了後、Binance Payのユーザーは、別途配車サービスなどのアプリを端末にダウンロードすることなく、Splytに統合された様々なサービスを使うことが可能だ。複数のユーザー名やパスワードを覚えたりすることなく、Binance Payを使用して、各種の取引を行うことができる。

公式発表によると、Splytと提携するサービスのネットワークには、世界150か国以上の移動サービス、30万以上の旅行、チケット、その他のプロバイダーが含まれるという。

またSplytは、Alipay、Grab、Booking.comなど大手アプリとも提携しており、すでに世界で数十億人のスマートフォンユーザーが活用できる状態だ。各種サービスのローカル言語への翻訳も支援し、グローバルに顧客サポートを提供している。

SplytのPhilipp Mintchin共同創業者兼CEOは、提携について次のようにコメントした。

世界有数の仮想通貨取引所であるバイナンスと提携し、そのアプリがいち早く配車サービスを統合して、真のスーパーアプリに進化することに関わることができて、とてもうれしく思っている。

9,000万人のバイナンスユーザーは、私たちの配車や体験プロバイダーのネットワークにとっても、非常に強力な需要を生み出してくれるだろう。

スーパーアプリとは

SNS、決済、配車、電子商取引やチケット予約など、日常で使える様々な機能を一つのアプリに統合したプラットフォーム。

▶️仮想通貨用語集

公式発表によると、仮想通貨取引所が、そのアプリと配車サービスを連繋させるのは今回が初めての事例になるという。

Binance Payの事業開発地域責任者Pakning Luk氏も、「Splytと提携して、ユーザーに提供できる機能を広げられたことを誇りに思う」と述べた。

Binance Payは、2021年2月までは友人や家族に仮想通貨を送ったり、受け取ることができるP2P形式の取引機能だけを提供していたが、2021年3月より、小売店での決済機能を組み込んだ。Binance Payを導入した世界の小売店で、利用手数料を必要とせずに、仮想通貨決済が可能になっている。

今回のSplytとの提携により、さらにアプリとしての機能が拡大する格好だ。

関連バイナンスの決済サービス「Binance Pay」、小売店の支払いに対応──ビットコインなど33銘柄が利用可能に

バイナンスは事業拡大の方針

バイナンスのChangpeng Zhao(CZ)CEOは今月、大型カンファレンス「Consensus 2022」で、「もし今が仮想通貨の冬ならば、バイナンスはその機会を最大限に活用していくだろう」と述べた。

ジェミナイやコインベースなどの仮想通貨企業が人件費を削減する中、バイナンスは「非常に健全な資金」を有しており、フォーチューン誌の取材では「現在、エンジニア、製品、マーケティング、ビジネス開発などで2,000以上の職種を募集している」とも語った。

なお、取引所スタッフ数の拡大だけではなく、M&A活動の強化にも乗り出す方針だという。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します