米コインベース、上場予定リストに3銘柄を追加

1銘柄をロードマップから除外

米国の大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースは16日、新たに3銘柄の上場を予定していることを発表した。

コインベースは新たに、Arcblock(ABT)、Jupiter(JUP)、SwftCoin (SWFTC)の3銘柄を上場計画のリストに追加し、今後上場させる予定だ。

Arcblockは開発者向けの分散型プラットフォームで、dAppsや互換可能チェーンの開発を行うことができる。

Jupiterは「The People’s Blockchain」というブロックチェーンを開発するプロジェクトで、軍用レベルの暗号化技術によってユーザーデータの機密性を確保している。

SwftCoinはSWFTブロックチェーンのネイティブトークン。SWFTはクロスチェーン対応のプラットフォームで、トークンブリッジやスワップ、NFTアグレゲーターなどのサービスを提供している。

上記の上場確定の銘柄のほか、上場検討のリストにはAirSwap(AST)、 MetisDAO(METIS)という2銘柄を追加。なお、今回は上場検討のリストからLockTrip(LOC)を除外した。

コインベースは4月に、銘柄の上場プロセスを改善するために、銘柄のロードマップを導入。以後ロードマップにおける上場計画のリストなどに沿って新規上場を実施している。

関連米コインベース、銘柄の新規上場へ

関連米コインベース、4銘柄新規上場へ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します