米サークル、ユーロ建ステーブルコインをローンチへ 6月末よりERC-20トークンとして取引開始へ

ユーロ建ステーブルコイン発行へ

大手暗号資産(仮想通貨)企業Circle(サークル)社は16日、新たなユーロ(EUR)建のステーブルコイン「ユーロコイン(EUROC)」のローンチを発表した。

同社の提供する主要ステーブルコイン銘柄のUSDCと同様のコンプライアンス基準を遵守した100%担保型のユーロ建ステーブルコインを6月30日より提供していく。

サークル社は、「ユーロコインを手がける目的として、伝統金融と仮想通貨ベースの金融サービスの接続が根底にある」と説明。ユーロ建の流動性供給や国境間決済、そしてキャピタルマーケットへのアクセス容易化などを念頭にしたユースケースを想定している。

既にユーロコインへのサポート(上場・対応)を表明している取引所やウォレット、およびプロトコルは以下の通りだ。

  • Anchorage Digital
  • Binance.US
  • Bitstamp
  • Compound
  • Curve
  • CYBAVO
  • DFX
  • Fireblocks
  • FTX
  • Huobi Global
  • Ledger
  • MetaMask Institutional
  • Uniswap Protocol

EUROCは当初はERC-20規格のトークンとしてローンチするが、長期的にはマルチチェーンへの対応を予定している。なお、サークル社が提供するステーブルコインの代表例であるUSDCは以下のブロックチェーンに対応可能。

USDCとは

米ドルと1:1の割合で価値が連動されるように運用されているステーブルコイン銘柄。サークル社とコインベースの共同事業体「Centre」が発行しており、取引の基軸通貨として利用されるほか、DeFiの貸付などでも広く活用されている。

▶️仮想通貨用語集

CoinPost編集部がサークル社の担当者になぜ米国企業がユーロ建のステーブルコインを発行するかに至ったか伺ったところ、回答は得られなかった。

渦中のステーブルコイン情勢

直近では、テラ(LUNC)やテラUSD(UST)のディペッグ騒動などから、ステーブルコインに対する不信感が募っている。LUNA急落で多数の投資家に影響を及ぼしたテラの共同設立者であるDo Kwon氏は、韓国や米国の規制当局から調査対象として挙がっている。

関連:米SEC、UST巡りDo Kwon氏などを調査か=報道

また、UST急落の直前にローンチされたトロン基盤の分散型兼アルゴリズム型のステーブルコイン「Decentralized Dollar(USDD)」も、ディペッグをTRXの引き出しを受け相次いで敢行。UST(TerraUSD)ディペッグ騒動の再来を防止するための施策を打ち出している。

関連:トロンDAO、追加で30億TRXを引き出しへ

ステーブルコインとしては、業界でも最大規模を誇るテザー(USDT)も裏付け資産に対する疑惑が再燃しており、保有資産の約束手形などに関する憶測を一蹴したばかり。こうした状況で、ニューヨーク州の規制当局からも承認を受けている比較的信頼性の高いサークル社が新たなステーブルコインを発行する動きは今後も注視される。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します