出金凍結のセルシウス、米SECからも連絡か

米SECも調査か

米SEC(証券取引委員会)は出金凍結の状況などについて、暗号資産(仮想通貨)融資企業Celsius Network(セルシウスネットワーク)と連絡をとっているようだ。米Fox businessなどが報道した。

SECがどのような調査を行なっているか現時点では定かではない。昨日、テキサス、アラバマ、ケンタッキー、ニュージャージー、ワシントンの5州の証券当局もCelsiusの出金停止について調査を始めたとの報道があった。

stETHトークンの運用で財務的困難に陥ったCelsiusは13日に「極端な市場変動」を理由に顧客資産の引き出しなどのサービスの無期限停止を突如実施。今も出金停止の状態は続いており、出金目処が立っていない。

関連セルシウスの出金停止、競合他社の反応は?

なお、Celsiusに出資した一部の企業は今回の状況を受けて救済資金を出さない可能性が高いと見られている。

関連仮想通貨融資のセルシウス、出資企業が救済する可能性低いか

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します