ビットコインの冬は終わるのか?|過去の下げ相場の例から考察

ビットコインの価格の低迷
投資家は、現在ビットコインの価格が低迷していることを不安視しています。しかし、そんな時こそ、事実やデータを確認することが大切です。
過去との比較
過去12回の下げ相場と比較しても、現在の下げ相場は異常なものではないようです。現在の下げ相場の要因の一つと思われる規制についても、最近の規制は前向きなものとなっており、規制により仮想通貨が閉鎖されてしまうというのは言い過ぎでしょう。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

ビットコインの価格の低迷

最近のビットコインの価格の低迷は、ビットコイン”最後の日”が近いのではないかと投資家たちを不安にさせているようです。

そして、仮想通貨市場は現在低迷している訳ではなく、市場にとって現状が通常状態なのではないか、つまり価格は元に戻らないのではないかと心配しています。

このような時期は、感情に頼るのではなく、事実やデータを確認することが大切です。

そこで、一度立ち戻って、過去と比較し、現在のビットコインの傾向を確認しましょう。

過去との比較

過去何度も、ビットコインは低迷を経験してきましたが、その時と比べ、現在の価格低迷は危機的な問題なのでしょうか。

過去の例と比較するため、過去12回の下げ相場を視覚化し、まとめました。

日付 期間 下落率
2012年1月12日-2012年1月27日 16日間 -30%
2012年8月17日-2012年8月19日 3日間 -57%
2013年3月6日-2013年3月7日 2日間 -33%
2013年3月21日-2013年3月23日 3日間 -35%
2013年4月10日-2013年4月12日 3日間 -83%
2013年11月19日-2013年11月19日 1日間 -50%
2013年11月30日-2015年1月14日 411日間 -87%
2017年3月10日-2017年3月25日 16日間 -34%
2017年3月25日-2017年3月27日 3日間 -33%
2017年6月12日-2017年6月16日 35日間 -39%
2017年9月2日-2017年9月15日 14日 -40%
2017年11月8日-2017年11月12日 5日間 -30%

BitStampのデータを基に特定の期間の価格の下落率を表しています。

最近の下げ相場では、2017年12月17日から2018年2月6日の48日間の間で、70%の下落を見せていますが、これはビットコインにとって異常なことではありません。

2013年4月10日から2013年4月12日の3日間では、83%下落し、2013年11月30日から2015年1月14日の411日間では、87%も下落しています。

これまでのビットコインの価格の推移をみると、短期間では価格が急落していることはありますが、長期投資をしている投資家が離れていってる訳ではないようです。

また、仮想通貨への規制についても、一時期投資家によって危惧されていた規制によって仮想通貨市場が閉鎖されてしまうといったようなことは現状ありません。

仮想通貨は比較的新しい概念で、価格が上下することはありますが、ビットコインには想像を超える価格の回復力があるように思われます。

CoinPostの関連記事

仮想通貨価格上昇トレンドに転換か|考えられる3つの要因
5月半ばから下落し、低迷していた仮想通貨の価格ですが、6月末から反転し、7月2日夜半にもさらに価格が上昇する展開に。直近で考えられる3つの要因を考察しました。
ビットコインのトレンド転換を見極める2つのインジケーター:4/13以来のサインが点灯
2018年以降に低迷する仮想通貨市場だが、テクニカル分析における2つのインジケーター上では、DVANのストップラインとトレンドラインが交差するなど、相場転換の予兆を示すサインも点灯している。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用