Immutable X、エイプコイン関連のNFTを無料発行へ 10万個のNFTを発行予定

DAO設立を記念

NFT(非代替性トークン)向けのL2/L3スケーリングソリューション「Immutable X」は14日、NFTプラットフォームのKolexとの提携を発表。暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)のDAO結成を記念した無料NFTを10万個ミント(発行)する方針を明かした。

同ソリューションは、取引手数料無しで秒間9,000回の取引を処理できるのが特徴となっている。「NFT専用のレイヤー2」として複数のブロックチェーンゲームに対応しており、その中には人気NFTカードゲームの「Gods Unchained(ゴッズ・アンチェイン)」や「Guild of Guardians」も含まれる。

エイプコインはApe財団の後援するApeCoin DAOが運営しており、ApeCoin DAOのネイティブ・ガバナンストークンとして機能する通貨だ。

関連:NFT系L2のImmutable X、ZKロールアップの「StarkNet」に対応へ

今回のNFT発行は、エイプコインに関連する有名NFTコレクション「BAYC(Bored Ape Yacht Club)」をImmutable X上に構築していくための試みの一環とされる。発表によると、エイプコインは、すでにImmutable Xのレイヤー2プロトコルにホワイトリストされており、すべてのNFTはAPEで価格設定することが可能だという。

NFTとは

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ゲームや音楽、アート作品、各種証明書など幅広く技術が活用されている。

▶️仮想通貨用語集

発生した収益などは寄付予定

NFTの発行は、8月3日から実施される予定。1日までにウォレット内にエイプコインを保有している利用者が、NFT発行の対象者となる形だ。

発行後、マーケット上での手数料やNFTの売却益は、選択された慈善団体に寄付される。請求されなかったNFTは売却されるかバーンされるとImmutable Xは説明。この売却によって発生した収益についても、DAOが選んだ慈善団体に寄付される。

Immutable社のRobbie Ferguson共同創業者は、NFT発行について以下のようにコメントした。

Immutable Xは、ApeCoin DAOコミュニティとの信頼を築き続け、イーサリアム(ETH)上で信頼できる卓越したレイヤー2スケーリングパートナーであることを証明できるのを喜ばしく思っている。

同社が提携したKolexは、NFTを活用したトレーディングカード「Epics.gg 」やファッション系のNFTマーケットプレイスCrypteesなどを展開する企業。同社が発行したNFTは、現時点で2億5,000万個を超え、60万人以上のコレクターによって収集されているとされる。

関連:初心者でもわかる「エイプコイン(APE)」とは|特徴や将来性を解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します