CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン24000ドル台から反落、難易度調整は1年ぶりの下落幅を観測する見通し

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨市況

20日の米株式市場では、ダウが前日比47ドル(0.2%)高と続伸した。

ミシガン大学のインフレ指数低下などを背景に歴史的水準にあるCPI(米消費者物価指数)が天井を打ったとの見方があり、FRB(米連邦準備制度)の利上げ加速への懸念は後退しつつある。

米ドル高進が反作用して原油高など資源高騰がようやく一服し、足元でガソリン価格などが下落していることも追い風だ。

一方、21日の暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインは前日比2.7%安の315万円(22,800ドル)と下落した。

BTC/USD日足

一時24,287ドルまで続伸したが、ここのところの連騰で足元では過熱感が出ており利益確定売り優勢に。

また日本時間5時頃には、テスラ社の決算発表で大量保有していたビットコインの内9億3600万ドル相当を6月末までに売却したことが判明。BTC価格が急落する場面があった。

関連:テスラ社、保有するビットコインの75%を売却=2Qレポート

テスラは、ビットコインが3年ぶりに最高値を更新するなど強気相場の真っ只中にあった2021年初頭。 平均価格約31,700ドルで15億ドル相当のビットコインを購入した。

BTC売却についてテスラのイーロン・マスクCEOは、「ビットコインへの評決ではなく、中国のコロナ対策ロックダウンなど相場の流動性懸念と不確実性に備えキャッシュポジションを最大化した一時的な措置」と説明。ドージコイン(DOGE)の保有量を減らしていないことにも言及した。

ただし、すでに大きな売り圧力が解消されていることはむしろポジティブと見る向きもある。

今年5〜6月にかけて金融市場の市況が急悪化したほか、大手ヘッジファンドThree Arrows Capital(3AC)やCelsius Network(セルシウス)の債務超過危機が市場を揺るがしており、米最大手上場企業としてキャッシュフロー改善、及びリスク回避の動きが出ることは想像に難くない。

一方、米Galaxy Digitalの運用ファンド(Galaxy Institutional Ethereum Fund)は、100億円相当のイーサリアムを購入したことが米SEC(証券取引委員会)の書類で明らかになった。

関連:米Galaxy Digitalファンド、100億円相当のETHを購入

今後も不安定なマクロ経済に大きく左右されるとの市場コンセンサスで一致する中、短期的な見方では投資家の見解も二分する。

下目線を貫くil Capo Of Crypto(@CryptoCapo_)氏は、「短期足の強気転換に疑いの余地はないが、週足以上は依然として弱気トレンドの最中にある」と指摘。目標価格15,800ドル〜16,200ドルを据え置いた。

根拠の一つとして、エリオットウェーブの下降3波目が来ていない点を挙げた。

エリオットウェーブは、1つの周期で「上昇波」5つと「下降波」3つが形成されるという理論。

エリオットウェーブ

関連:抑えておきたいテクニカル分析「エリオットウェーブ」を初心者向けに解説

次の難易度調整は

Arcane Researchの週次レポートによれば、本日夜頃に見込まれるビットコインのディフィカルティー(採掘難易度)調整は、21年7月以来最大となる-5%弱のドローダウンを観測する見通し。

Average Hashrateの下落とともに、7月7日の難易度調整では2回連続下落していた。デフィカルティ調整が適切な水準まで調整されれば、淘汰が進むとともに、採算の取れる高効率マイナーが新たに参入してくる可能性もある。

採掘マシンの性能向上ともに右肩上がりの上昇を続けてきたハッシュレート(採掘速度)は今年6月頃からピークアウトしており、今年3月と同水準まで落ち込んでいる。ハッシュレートとは、ビットコインをマイニング(採掘)する際の秒間計算力のこと。

ここ数年間の大規模調整は、コロナ・ショックの発生した20年3月のほか、20年5月、20年10月、中国がマイナー全面禁止を発令した21年7月が該当する。

Glassnode

Hash Ribbons(ハッシュリボン)インジケーターによると、現在は60日移動平均線が30日移動平均線を上回り、マイナー(採掘業者)の降伏シグナル及び相場の底が近い可能性を示唆している。

Glassnode

2018年の弱気相場サイクルでは、マイナーの降伏期間は72日間続いた。今回は、現時点で42日間継続している。

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/08 木曜日
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。
15:35
米議会両院、FTXのサム前CEOを公聴会に召喚へ
米上院銀行委員会は、仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏宛ての書簡を公開。公聴会に向けて、期日までに出席する意向を示さない場合に召喚状を提出する構えを示した。
15:00
韓国中銀、ステーブルコインの監督権限を求める
韓国銀行(中央銀行)は、仮想通貨規制に関する報告書を発表。ステーブルコインに関して特別規制を設けるよう提案し、中銀に監督の役割が与えられるべきだと主張した。
14:44
Oasys、OASの一斉上場と初のNFTプロジェクト「OASYX」発表
国内発ゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、海外取引所でのネイティブトークンOAS上場予定と、初のNFTプロジェクト「OASYX」を発表した。セガのバーチャファイターで知られる鈴木裕氏が監修を務める。
12:55
ビットコイン投資信託GBTC 訴訟問題
米最大手仮想通貨投資企業グレースケールが訴訟に直面。原告はGBTCのマイナス・プレミアムを解消するため、償還プログラムを提供させるために帳簿記帳の開示を要求している。
12:10
カナダ最大の年金基金、仮想通貨投資の検討を終了
カナダ最大の年金基金CPPインベストメンツは、ビットコインなど仮想通貨への投資を検討する取り組みを終了していた。仮想通貨への直接投資は行っていないと述べている。
10:20
欧州中銀理事、仮想通貨のリスクと規制方針を提示
欧州中央銀行のパネッタ理事は、ビットコインなど仮想通貨のリスクと規制方法についてスピーチを行った。仮想通貨がもたらす環境負荷などに対応する税制も提案した。
09:42
三井住友、SBTの実証実験を開始へ
三井住友フィナンシャルグループは、譲渡不可能なNFTであるSoulboundトークンを本人確認などの証明に活用する実験を開始。今後の計画が明らかになった。
08:05
バイナンスのビットコイン準備金は100%以上 監査報告
国際監査法人Mazarsはバイナンスの顧客ビットコイン資産が完全である結果を出した。
07:30
金融庁、ステーブルコインの規制を強化か
金融庁は、天谷金融国際審議官が行った仮想通貨に関する講演のプレゼン資料を公開。この資料によると、金融庁は今後アルゴリズム型ステーブルコインの規制を強化する可能性がある。
07:05
8日朝|コインベースの今年の売上は半減か
今日のニューヨークダウは小幅安。IT・ハイテク株の値動きはまちまちで、銀行株や航空株は下落。仮想通貨ではAI関連銘柄のFETが続伸した。
12/07 水曜日
17:48
Ledger、次世代ウォレット「Ledger Stax」公開
大手仮想通貨ウォレット企業Ledgerは、iPodやiPhoneの開発に携わったTony Fadell氏がデザインした最新モデルのハードウォレット「Ledger Stax」のリリースを発表。2023年3月に販売開始する。
16:09
ソラナウォレットPhantom「顧客データ取得していない」
仮想通貨)ソラナの主要なウォレットPhantomは、ユーザーデータに関連するプライバシーポリシーについて説明。ウォレットアドレスとIPアドレスなどを取得していないと表明した。
14:09
仮想通貨決済の「Slash」、ピッチイベントで最優勝賞
仮想通貨の決済サービスSlash Web3 Paymentsは、Arriba StudioとNewsPicksが共催した「ArribaX」のピッチイベントで、最優勝賞と特別賞を受賞したことを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧