速報 テスラ社、保有するビットコインの75%を売却=2Qレポート

テスラがペーパーハンド

米最大手EVメーカーのテスラ社は20日、22年2Q(4月〜6月)に保有する暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)の75%を売却したことを発表した。2Qレポートにて情報を開示した。

同社のバランスシートによれば、ビットコイン売却によってテスラ社は約1,300億円(9.36億ドル)の売上高を記録。保有残高は6月末時点で300億円(2.18億ドル)へと減少した。

テスラ社のビットコイン購入が判明したのは2021年2月。米SEC(証券取引委員会)への報告書類にて21年1月から2月の期間に15億ドル(2,000億円)相当のBTCを購入したことを開示していた。購入時の平均価格が約31,000ドルで、今回の平均売却価格は28,000ドル〜29,500ドルと見られる。

関連:テスラ社のBTC購入が判明、ビットコイン高騰で過去最高値更新

その後、仮想通貨相場がピークを迎え、弱気相場に突入し、テスラ社は幾度か減損を計上したものの、相場が急落した21年5月時点には、イーロン・マスクCEOが売却しない姿勢を示唆した経緯がある。

なお、テスラ社の具体的な購入量は開示されていないものの、上場企業としてはマイクロストラテジーに次ぐ43,200BTCを保有していると予測されていた。

出典:Bitcoin Treasuries

なお、マスク氏は今回の決算説明会で、将来ビットコインの保有量を増やす可能性も示唆している。

また、BTCを売却した理由については「新型コロナの感染拡大に伴う中国拠点の工場稼働停止と「再開時期の不透明性」に伴い、キャッシュポジションを最大化する狙いがある」と説明した。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します