マインクラフトのNFT否定方針を受け、関連プロジェクトNFT Worldsの価値が急落

マインクラフトをプレイしてWRLDを稼ぐ

人気ゲーム「マインクラフト(Minecraft)」をプレイして、トークンを稼げるメタバースプロジェクト「NFT Worlds」について、MOD(変更・改造)などで関連する暗号資産(仮想通貨)やNFT(非代替性トークン)の市場価格が暴落している。

関連:マインクラフト「現在はゲームにNFTを導入する計画はない」

20日には、マインクラフトが近日中のガイドライン更新に先だって、NFTやその他のブロックチェーン技術をゲーム内で使用することを認めない意向を表明していた。

ワールド、スキン、ペルソナアイテム、その他のMOD(変更・改造)などのマインクラフトのゲーム内コンテンツは、ブロックチェーン技術を利用して希少なデジタル資産を作成できない。

NFT Worldsは、Polygon(MATIC)ネットワークを使用するメタバースプロジェクト。3Dボクセルで構成される10,000点のWorld(土地)NFTが存在し、それぞれのWorldに独自のコンテンツを構築できる。

マインクラフトにNFT Worldsのサーバーをダウンロードし、仮想通貨ウォレットアドレスを登録することで、ユーザーのゲームプレイに応じてネイティブトークン「WRLD」を獲得できる仕組み。WRLDトークンはNFT Worldsのゲーム内アセットの購入や他のトークンの交換に使用できる。

NFT Worldsの土地NFTは、21年の後半にフリーミント(無料配布)で始まり、22年2月のピーク時に、フロアプライス(最低価格)が13ETH(当時約400万円)まで上昇。CryptoSlamによると、NFT Worldsの通算販売量は220億円(1億6350万ドル)で、市場31位にまで拡大していた。

21日に、World(土地)NFTのフロアプライスは64%下落して1.13 ETH(約20万円)となった。NFT WorldsのネイティブトークンであるWRLDの価格も60%下落している。

マインクラフトのガイドライン

マインクラフト社は、マインクラフトのゲーム内コンテンツを利用したNFT機能をローンチしている外部企業について否定的な態度を示している。「希少性や特権に基づいてデジタル上の所有権を生む行為」であるとして、「誰もがゲームに参加でき、一緒に遊べるようにする、マインクラフトの価値観と異なる」と述べていた。

NFT Worldsの共同創設者はコミュニケーションチャネルDiscordで、「マインクラフトの知的財産部門と過去に複数回話をしてきた」が突然の発表に、「我々も皆と同様に不意打ちをくらった」と述べている。同氏は、マインクラフトの親会社であるMicrosoftの関係者に連絡を取り、ガイドラインについてより明確にしてもらうと述べている。

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ブロックチェーン上で管理・取引を行うことで、デジタルコンテンツの作成者、保有者、取引履歴などの情報が保存される。固有のIDが付与されることにより、唯一無二のものであることが証明される

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します