Ankr、ステーキングサービス実装のための開発キットを公開

開発者がソリューションの統合可能に

ブロックチェーンノードのホスティングソリューションAnkr(ANKR)は3日、同銘柄のステーキングサービスやイールドファーミングを実装するためのソフトウェア開発キット(SDK)のリリースを発表した。

Ankrは、簡単かつ低価格な、ブロックチェーンノードのホスティングソリューションの提供を目的としたプロジェクト。2017年に始動し、クラウドサービスのマーケットプレイスを構築。開発者や企業ユーザーが、安価にブロックチェーン・ノードを運用することを可能にしている。

今回発表のSDKによって、ブロックチェーンの開発者側は、Ankrステーキング用のソリューションを(自分たちの)プロジェクトやプラットフォームに統合可能。統合後、ユーザーは仮想通貨のステーキング報酬を受け取りながら、代替資産(ステーキング証明トークン)を運用できる「流動的ステーキング(リキッド・ステーキング)」が行えるようになる形だ。

またAnkrは、SDKを使用することで、JavaScriptとTypeScriptを使用するプロジェクトへの実装を大幅にスピードアップできると説明している。

関連:米コインベース機関投資家サービス、イーサリアムのステーキングに対応開始

記事執筆時点では、SDKが対応している暗号資産(仮想通貨)は、イーサリアム(ETH)ポリゴン(MATIC)、ビルドアンドビルド(BNB)、ファントム(FTM)、アヴァランチ(AVAX)の5種類だ。

ステーキングとは

特定の仮想通貨を保有することで、その通貨のブロックチェーンネットワークを管理することに貢献し、対価として報酬を得る仕組み。厳密には、仮想通貨を保有するだけでなく、ネットワーク上に預け入れておく必要がある。

▶️仮想通貨用語集

ウォレットやWeb3ゲームとの統合を想定

Ankrは、SDKによってステーキングサービスを複数のユースケースと統合することが可能。プレスリリースでは、以下のサービスとの連携が想定されている。

  • 仮想通貨ウォレット
  • (その他の)DeFiプロトコル
  • 伝統的な金融機関
  • Web3ゲーム

なおSDK自体は、Ankrが用意したコードを、ブロックチェーン開発者が自分たちのサービスに導入し、フロントエンドを構築することで機能する形だ。

バックエンドでは、ステーキングソリューションがAnkr Stakingに接続しバリデーターにトークンを委託。ステーキング利用者がMetaMaskなどの独立したウォレットに請求する新しいリキッドステーキングトークンを作成する仕組みとなっている。

関連:ブロックチェーンノードAnkr、DNSハイジャック受ける

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します