米コインベース機関投資家サービス、イーサリアムのステーキングに対応開始

Coinbase Primeも対応

米仮想通貨取引所大手コインベース傘下の機関投資家サービス「Coinbase Prime」は2日、イーサリアム(ETH2)のステーキングに対応開始したことを発表した。

コインベースは21年4月よりETH2のステーキング代行サービスを顧客に向けて提供し始めたが、機関投資家も利用できるようになった。

現在のPoW型イーサリアムが今年の9月にPoS型に移行する仮予定をしている中、コインベースは高まる機関投資家のETHステーキングの需要に応える形だ。

関連待望のPoSへ、イーサリアム大型アップグレード第一弾「The Merge」を詳細に解説

現在ETH2に預けられているETHの総数は13,876,536 ETHで、バリデータ数は411,587に達している。また、ETH2のステーキング年利は~4.2%になっている。

コインベースの他、バイナンスやクラーケンなどの取引所もETH2ステーキングの代行サービスを提供している。

関連イーサリアム「マージ」後のチェーン分岐の可能性に注目高まる

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します