韓国仮想通貨ファンド大手Hashed、ルナ暴落で4,000億円の損失認める

LUNA崩壊で大量損失

暗号資産(仮想通貨)ヘッジファンドHashedは、5月のテラ(LUNC)暴落で4,000億円(30億ドル)以上の損失を被ったことを認めた。

一方で、同社は現在も仮想通貨に対して強気の姿勢を維持しており、まもなく新たなファンドを設立する姿勢を示している。

韓国に本拠を置くHashedのSimon Seojoon Kim最高経営責任者(CEO)はブルームバーグに対し、ステーブルコイン「TerraUSD(UST)」のプロジェクトの設立初期に出資して3,000万LUNAを購入したを明かした。

仮想通貨テラ(LUNC)は、USTの価値を支えていた姉妹通貨。LUNAの時価総額は22年4月のピーク時に約5.4兆円(410億ドル)に拡大し、Hashedが保有する分の未実現利益も一時は4,800億円(36億ドル)規模に及んでいた。

しかし、5月7日にTerraUSDのペッグシステムが崩れ始めると、LUNAの価値も数日間で約1万円(80ドル)から90%以上も急落。Hashedは結果的に30億ドル以上の損失を被ったと、Kim氏は認めた。

関連:韓国捜査当局、テラの開発者や元従業員の出国を禁止か=報道

3つ目のファンドを設立へ

Hashedが大量のLUNAをステーキングしていることは、以前からブロックチェーンデータに基づいて指摘されていたが、その損失規模を公表したのは今回が初。その規模は、同様にLUNAへの投資利益を失った仮想通貨取引所バイナンスさえも上回る。

バイナンスのチャンポン・ジャオCEOはLUNAの保有総額がピーク時には2,100億円(16億ドル)まで膨らんだが、テラ崩壊後に40万円(3,000ドル)未満まで縮小したことを認めていた。

LUNAの投資利益は消失した反面、Hashedは依然として仮想通貨全般に対しては前向きな姿勢を維持している。同社は2つのベンチャーファンドで計427億円(3億2,000万ドル)を調達してきたが、新たに3つ目のファンドを来年までに設立する計画だ。

新ファンドはブロックチェーンゲームプロジェクトへの出資に特化する予定。Kim氏は、仮想ゲームの分野が今後より現実世界との結びつきを強める中で「膨大な数の雇用が創出される」と見込んでいる。

テラ騒動の現状

テラ・エコシステムの崩壊後、プロジェクト創設チームの出身国である韓国では、開発企業テラフォーム・ラボやDo Kwon共同創設者らに対する事後調査が進行している。

7月末には、インサイダー取引の関連で、検察が調査していると韓国国営放送KBSが報じた。テラエコシステムの分散型金融(DeFi)プラットフォーム「Anchor Protocol」にロックされたLUNAとUSTの大半がTerraform Labsと関連会社によるもので、高い流動性と高い報酬率を主張して25万人程の国内投資家を扇動した疑いがかけられている。

関連:バイナンスのCZ氏、テラチームの対応に異例の苦言

関連: テラUSD(UST)のディペッグ騒動 Terraform Labs社や取引所の対応まとめ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します