イーサリアムL2「Optimism」に資金流入、次期アップグレードへの期待も

Optimismのアップグレード

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)のL2ソリューションを開発するOptimismは3日、次期アップグレード「Bedrock」が2022年Q4(10-12月)にも実装予定であると公表した。

Optimismは、Bedrockについて「最も安く、最も速く、最も高度なRollupアーキテクチャ」としており、「Rollup市場のゲームチェンジャー」になるものと主張する。

Rollup(ロールアップ)とは、トランザクションの一部をオフチェーン(ブロックチェーン外)で処理することにより、ネットワークの混雑解消を図るスケーリング・ソリューション。OptimismやArbitrum等が採用する「Optimistic Rollup」では通常、L1⇔L2間の資産移動に最大7日間かかる点がネックとなるが、Bedrock後はこれを4倍以上短縮する。

関連:スケーリング問題の打開策「ロールアップ」とは|仕組みや注目点を詳しく解説

その他にも、ノード間の同期速度を最大50倍に改善したり、データ送信コストを大幅に削減したり、ノードの分散性を高めたり、ZK-rollupsを含む多様な証明システムをサポートできるなどの利点がBedrockにはある。

データサイトCoinGeckoによると、Optimism(OP)の価格は過去30日間で277%上昇しており、時価総額は565億円で仮想通貨市場で108位となっている(執筆時点)。

DeFillamaによると、Optimismネットワークにロックされた総資産価値(TVL)は約1,000億円(8億1,700万ドル)となっており、7月1日の370億円(2億8,000万ドル)から2倍強に拡大した。

TVLの伸びは、主にDeFi(分散型金融)大手Aaveのインセンティブプログラムの開始にけん引された。トークンを預けてステーブルコイン等を借りられるAaveのTVLは、Optimism上で前週比828%増となる374億円(2億8,400万ドル)に拡大しており、トップシェアを占めている。

Optimismは6月1日に独自トークン「OP」を正式にローンチ。同時期に第一回目のエアドロップが実行されたが、以後も段階的に行われていく方針が示されていた。OPトークンはガバナンス組織「Optimism Collective」の運営や投票などで活用される。

Optimismとは

手数料を下げたり、処理速度を速めたりするため、イーサリアム用のL2ブロックチェーンを開発している企業。「オプティミスティック・ロールアップ」という技術を活用している。

▶️仮想通貨用語集

関連:イーサリアムL2「Optimism」、OPトークンをローンチ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します