韓国当局、違法な仮想通貨取引の疑いで関係者を逮捕 

無登録で仮想通貨事業を運営した容疑

韓国の検察当局は11日、約409億円(4,000億ウォン)相当の外国為替取引について、違法な暗号資産(仮想通貨)取引が疑われるとして関係者3人を逮捕した。

当局は、匿名のA社など複数業者に対する調査や捜索を終え、これらの企業の代表者ら3人を、「特定金融取引情報の報告・利用に関する法、および外国為替管理法」に違反した疑いで拘束した形だ。

3人は「ペーパーカンパニーを設立し、無登録で仮想通貨取引事業を運営していた」とされている。

朝鮮日報によると、A社はウリィ銀行ソウル支店から4,000億ウォン相当の資金を海外に送金していた。これは仮想通貨の裁定取引(アービトラージ)に関するものとみられ、3人はこの取引を助けていたとされる。

「キムチプレミアム」を利用か

当局は、仮想通貨の「キムチプレミアム」を利用した取引を行っていたものとみている。韓国と海外の仮想通貨価格の差は、裁定取引の機会として利用されることもあるものだ。

キムチプレミアムとは

韓国の取引所で、海外よりも高いレートで仮想通貨が取引される現象のこと。

▶️仮想通貨用語集

韓国では、2010年に導入された資本規制により、多額の資金の出入りが制限されている。そのため、ビットコイン(BTC)のような仮想通貨の供給が少なくなり、価格が割高になる傾向がある。

また、韓国では仮想通貨の投機筋が多く、ビットコインなどの価格が短期間で上昇する現象も見られてきた。この2つが「キムチ・プレミアム」と称されるプレミアム価格の背景にあるとされている。

このプレミアム価格と市場需給との相関がみられるとの説もある。いつも当てはまるとは限らないものの、2021年4月から2022年4月にかけて「キムチプレミアム」は20%から3%程度に低下。仮想通貨市場の下落と重なっていた。

捜査の経緯

検察は今年初め、韓国の金融情報分析院(FIU)からA社に関する数十件の「異常取引」を知らされ、調査を始めていたという。

A社は当該取引について「金塊や半導体チップなど輸入物品代金決済のために海外送金したもの」と主張していた。しかし検察は、中小企業にしては巨額の取引であることを怪しみ、A社の資金の流れを追跡。その結果、仮想通貨に関わる取引であることが分かったとしている。

数千億ウォン単位の外国為替取引が、零細企業により数百件ずつ行われていたものだ。当局は、銀行が取引内訳を正しく確認していなかったことも問題視している。

韓国では7月にも、疑わしい送金を検察が捜査していると報じられていた。

新韓銀行を通じて1兆3,000億ウォンを中国に送金した業者や、韓国銀行を通じて8,000億ウォンを海外に送金した業者に関連するもので、これについても仮想通貨取引で得た利益を海外に送金したものではないかと疑われているという。

テラ関連捜査も

韓国の捜査当局は、ステーブルコインUSTのディペッグを巡って、Terraform Labsの捜索も行っているところだ。

6月には、テラプロジェクトの開発者や元従業員らに対し、捜査継続することを狙いとして出国禁止命令を出した。5月にはソウル警察当局が、テラの非営利組織「Luna Foundation Guard(LFG)」の資産を凍結するよう要請したとも伝えられている。

関連韓国捜査当局、テラの開発者や元従業員の出国を禁止か=報道

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します