フォビジャパン、イーサリアム「マージ」およびPoWフォークの対応方針を発表

フォビジャパンの対応

国内暗号資産(仮想通貨)取引所フォビジャパンは16日、イーサリアム「マージ」およびPoWフォーク(ETHPoW)への対応方針を表明した。

フォビジャパンはマージアップグレードに対応。アップグレードが成功し、フォークが対応した場合は、マージ前の顧客のETHのスナップショット(確定権利)を取得し、ハードフォークが成功した際には、ETHは1:1の割合でアップグレードされた「ETHS」に自動的に変換され、ETHという名称は取引市場から削除される可能性がある。一方、フォークが対応されない場合は、メインチェーンのイーサリアムトークンは「ETH」という名称を使用し続けるという。

なお、「フォビジャパンでのETHW(フォークトークン)の取扱い開始のためには、日本暗号資産取引業協会(JVCEA)の承認が必須となり、承認が得られない場合、付与及び相当額現金交付等の対応ができない可能性がある」と説明している。

フォビジャパンは先日、FLRトークン(旧スパークトークン)の付与方針についても発表した。

関連フォビジャパン、FLRトークン付与について発表

関連米コインベース、イーサリアム「マージ」の対応方針を表明

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します