米コインベース、イーサリアム「マージ」の対応方針を表明

一時入出金停止へ

米仮想通貨取引所大手コインベースは16日、イーサリアム「マージ」への対応方針を表明した。

マージの実施予定日は9月15日前後になり、コインベースは顧客のPoS版ETHおよびERC-20の入出金をマージ中に停止する予定。一方、取引サービスの方は影響されない。

関連イーサリアム「マージ」、暫定実施予定日が明確に

また、ETHステーキングに関しては、マージ後にはウォレットでステーキングの残高を確認することができるようになる。ステーキングされているETHの出金解除は2023年になる見込みだという。

関連米コインベース、銘柄の新規取扱を実施へ

なお、コインベースはPoWフォーク(ETHPoW)の対応については表明してない。バイナンスやFTX、OKXといった大手はすでに対応方針を発表した。

関連グローバル版FTX、イーサリアムPoWフォークの対応方針を表明

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します