グローバル版FTX、イーサリアムPoWフォークの対応方針を表明

FTXの方針

サム氏率いる仮想通貨取引所大手FTXは15日、イーサリアム「マージ」およびPoWフォーク(ETHPoW)への対応方針を表明した。

FTXはPoSへ移行するアップグレード「マージ」に対応。「ETH」というティッカーシンボルはPoS版イーサに充てる。

PoWハードフォークによる新規トークンの発行については、配布と取扱に関する対応を評価する予定。仮に配布すると決めた場合には、スナップショットに応じて、ETHを借りているトレーダーはフォーク版ETHを課金されることになる。実際の配布は、プロジェクトが完成した後に実施される。

なお、フォーク版ETHの取扱については進展を踏まえた上で評価する予定だという。

FTXの他、バイナンスやOKXなどの大手も相次いで対応方針を発表していた。また、BitMEXやPoloniexは既にETHPoW関連のIOU取引を提供し始めている。

出典:CoinGecko

関連バイナンス、イーサリアムPoWフォークにどう対応か

関連「ETHPoW」最新情報まとめ|イーサリアムのマージ後にチェーン分岐の可能性浮上

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します