CoinPostで今最も読まれています

「ETHPoW」最新情報まとめ|イーサリアムのマージ後にチェーン分岐の可能性浮上

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

イーサリアム・フォークの可能性

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)は、大型アップグレード「The Merge(マージ)」が迫ってきたことで、ブロックチェーンが分岐(フォーク)する可能性に備えた動きが増えてきた。

マイナーや取引所らがそれぞれ対応を発表・実行しているため、現時点で新たに明らかになった内容をまとめていく。

関連イーサリアム、チェーン分岐後の世界線とは|Banklessが考察

The Mergeとは

イーサリアムのコンセンサスアルゴリズムを「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」から「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」へ移行する大型アップグレードのこと。アップグレード後もマイナーが採掘を続けることで、PoWとPoSをそれぞれ採用した2種類のイーサリアムが誕生する可能性があると注目が集まっている。

▶️仮想通貨用語集

関連待望のPoSへ、イーサリアム大型アップグレード第一弾「The Merge」を詳細に解説

ETHPoWの動向

BitMEXが先物取引を提供

仮想通貨取引所BitMEXは8日、PoWのイーサリアム「ETHPoW」の先物取引サービスを9日から開始すると発表。ステーブルコイン「USDT(ERC-20)」で、2倍までレバレッジをかけることができるとした。

この先物は2022年12月30日が期限の先物で、ティッカーシンボルは「ETHPOWZ22」。テストネットではすでに取引されており、本記事執筆時点で価格は約6,800円(50.9ドル)である。BitMEXのリサーチ部門は1日、ETHPoWが誕生する場合は「魅力的なトレード機会になる」として、想定される戦略プランをブログで提示していた。

出典:BitMEX

PoloniexがIOU現物取引を提供

仮想通貨取引所Poloniexは8日、イーサリアムのマージ後の分岐(フォーク)を想定した2つの通貨、「ETHW」と「ETHS」のIOU(借用証書)現物取引を開始した。それぞれイーサリアム(ETH)、テザー(USDT)、トロンのステーブルコインUSDDとのペアが設置されている。

Poloniexによると、ETHPoWを表すETHWトークンは約15,000円(113ドル)、1ETHの約6.3%で取引されている。一方、マージ後にPoSに移行したイーサリアムを表す「ETHS」トークンは224,500円(1,664ドル)、1ETHの約93%で取引されている(9日午後1時30分時点)。

なお、2つの資産はマージ後に配布されるもので、現在は外部に送金できない。ハードフォークが成功すれば、Poloniexでイーサリアム(ETH)の保有していた者はETHWトークンを受け取ることができる。反対にETHPoWのフォークが失敗に終わった場合、ETHWのIOU市場は廃止されることになる。

Poloniexの所有者であるトロン創設者のジャスティン・サン氏はツイッターで、PoloniexでETHWやETHSの取引から現在手数料を取っていないと表明。自身のETHPoWヘのサポートは「公共の利益のため」と主張した。

同氏は、ETHPoWのエコシステム構築のために自身が受け取る可能性があるETHWの一部を寄付することを表明していた。

バイナンスやOKX

バイナンスは「マージ」に対応し、PoWフォークによる新規トークンの発行については配布と出金に関する対応を評価する予定。

関連バイナンス、イーサリアムPoWフォークにどう対応か

また、グローバル版FTXは15日に対応方針を表明した。バイナンスと同様、配布と取扱に関する対応を状況を踏まえた上で評価する予定だ。

関連グローバル版FTX、イーサリアムPoWフォークの対応方針を表明

f2poolの見解

イーサリアムの大手マイニングプール「f2pool」は、PoWのイーサリアムをサポートし続けるかはマイナーによるとしながらも、「我々はPoSという新しい時代に移行すべきだ」と主張した。

「Wu Blockchain」を運営する仮想通貨ジャーナリストColin Wu氏によれば、f2poolは「PoWの時代は終わりを迎える」とし、「7年間もイーサリアムを支えたマイナーは影のヒーローだ」と讃えている。

「EthereumPoW」を創設

また先月には、PoWのイーサリアムを支持するコミュニティ「EthereumPoW」が創設された。公式ウェブサイトも立ち上げており、「EthereumPoWとは何か」などを説明するほか、PoWのイーサリアムへの対応を表明している組織も掲載している。

出典:EthereumPoW

国内取引所コインチェックの関連企業「コインチェックテクノロジーズ」の名前が明記されている一方で、コインチェックの大塚雄介執行役員はEthereumPoWが勝手にロゴを掲載しているだけと指摘。情報のファクトチェックには注意が必要だ。

このように、イーサリアムの分岐に関する見方は様々だ。イーサリアム共同創設者のヴィタリック・ブテリン氏は、PoWのイーサリアムは長期的には普及するとは思っていないと否定的な見解も示している。

有識者の見解

Paradigm社のFlashbots戦略リーダーで研究協力者を務めるHasu氏(仮名)は、ETHPoWが「マイナー、取引所、トレーダーが利己的な理由で推し進める、巨大な一般投資家のトラップ」だと、辛辣に批判した。

同氏によると、これまでコミュニティが分裂した結果として誕生したフォークコインと、ETHPoWとは本質的に別物だ。ビジョンを持って生まれたビットコインキャッシュ(BCH)やビットコインサトシビジョン(BSV)、そしてイーサリアムクラシック(ETC)には、開発者がいてそれを信じる投資家もいた。

しかし、「彼らの1%程のサポートさえETHPoWは得られていない」として、短期的な売買に使われるだけだと指摘した。

Hasu氏はまた、ETHPoWに短期的にハッシュパワーが集まるかもしれないが、それ自体には意味はないと指摘。ネットワーク価値の源泉はエコシステム(トークンやプロトコル)を取り巻く「社会的コンセンサス(相互承認)にあり、それはコピーすることができないもの」と加えた。

今日の多くのアルトチェーンはイーサリアムのフォークだが、イーサリアムの状態をフォークしたものはない。なぜなら、それを考えなかったのではなく、完全に愚かな考えだからだ。

イーサリアムの共同創設者のブテリン氏もHasu氏と同様に、エコシステムにフォーカスして動向を見ているようだ。

同氏は5日に開かれたウェビナーで、「ETHPoWフォークを支援する事業者の多くは取引所を持つ少数のアウトサイダー」で「手っ取り早く儲けたいだけ」と指摘。

また、「より優れたコミュニティとプロダクトを有すイーサリアムクラシック(ETC)がPoW(プルーフオブワーク)を推進している中で、ETHPoWの長期的な普及は見込めない」と語った。

一方、イーサリアムのエコシステムに関しては、「ほとんど全員」がマージ後のプルーフオブステーク(PoS)移行を支持して結束しているため、「フォークによって大きな打撃を受けるとは思わない」と述べている。

米最大手仮想通貨・ブロックチェーン持株会社のデジタル・カレンシー・グループ(DCG)社のバリー・シルバートCEOは、イーサリアムクラシック(ETC)とマージ後のイーサリアムの両方の支持を表明している。

私たちはETCに加えてETH PoSも全面的にサポートする。ETH PoWのいかなるフォークもサポートするつもりはない。ETHマイナーは、長期的な収益最大化のためにETCに移行すべきだ。

DCGは21年6月、子会社である仮想通貨投資企業グレースケールが提供するイーサリアムクラシック投信を55億円(5,000万ドル)分購入。グレイスケールは2017年以降、イーサリアムクラシックの開発者に資金を提供し、信託の管理手数料から100万ドル以上を寄付している。

Chainlinkは「フォークをサポートしない」と表明

ETHPOWは、PoW(プルーフ・オブ・ワーク)のコンセンサスとイーサリアムの完全なステート(取引履歴や資産記録)を維持する。しかし、約5兆円(400億ドル)に拡大したイーサリアムのDeFi(分散型金融)エコシステムのほとんどは、これまで通り機能しない可能性がある。

大手オラクルプロバイダーのChainlinkは8日、ETHPoWフォークをサポートしないことを公表した。

PoWフォークを含むイーサリアムのフォークバージョンは、Chainlnkでサポートされないことをユーザーは認識する必要がある。これは、PoSコンセンサスにアップグレードするという、ソーシャルコンセンサスを通じて達成したイーサリアム財団とコミュニティの両方の決定に沿うものだ。

Chainlinkのオラクルサービスは、DeFiに必須の価格フィードを含む、オフチェーン情報をスマートコントラクトに供給する。同社はマージ中もマージ後も継続してイーサリアム上で運用し続けると加えた。

Chainlinkはまた、マージに向けた移行戦略が不確かなdApps(分散型アプリ)や開発者は、エンドユーザーを保護するためにネットワークが安定するまでスマートコントラクトの運用を停止するよう助言した。

ETHPoWフォークを含むイーサリアムのフォーク版で動作するdAppは、プロトコルレベルで予期せぬ動作をする場合があり、ユーザーにとってリスクが増大する恐れがある。開発者は、コントラクトが接続している外部関係が、マージ中とマージ後に期待どおり動作することを確認する必要がある。

イーサリアムのマージ後にフォークコインが誕生しただけで、新たなDeFi経済圏が出来上がる訳ではない。ETHPoWは開発者やステーブルコイン、オラクルネットワークのサポートを得て、エコシステムを構築する必要がある。Chainlinkはイーサリアムが分岐した場合に、フォーク版をサポートしないことを明言することで、開発者やdAppsに立場を明確にした。

サークル・テザーもフォークに対応しない

ステーブルコインUSDCの発行企業サークルはフォーク版ETHブロックチェーンに対応しない声明を出している。

USDCは来たるPoS版イーサリアムのみに対応し、PoW版でローンチしない。また、USDTの発行企業テザーも同様にPoS版に対応すると発表した。

関連イーサリアム共同創設者ブテリン氏が語る、ロールアップ技術の展望と課題

フォークに関連したこれまでの内容は、以下の記事にまとめている。

関連Poloniexとジャスティン・サン氏、「マージ」後のイーサリアム分岐を支持

関連イーサリアム「マージ」後のチェーン分岐の可能性に注目高まる

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。
13:00
米トランプ前大統領、ビットコインに前向きな姿勢に変化か
米ドナルド・トランプ前大統領は「仮想通貨ビットコインとは共存できる」と発言。懐疑的だった以前よりもビットコインに前向きな姿勢を示した。
12:00
グレースケール、プライバシーテーマのインデックスETFを申請
グレースケール「匿名銘柄のインデックスETF」はデータ・プライバシー技術を開発する企業およびZcashに投資する。ビットコインETF以外の製品を増やす狙いだ。
11:00
米登録の投資アドバイザーCarson Group、iSharesなどのビットコインETFを顧客に提供
ブラックロックのIBITでの仮想通貨ビットコイン保有数は126,950 BTCで、45.3万 BTCを保有するGBTCにつぐポジションを維持。一方、グレースケールのGBTCを除けば現在時価総額が最も高いのはブラックロックのIBITで、66億ドルに相当する。
10:00
Matrixport、3月までにビットコイン6.3万ドルも視野
Matrixportは2024年3月までにビットコインが6万3,000ドルに達する可能性があると強気予測。現物ETF承認や利下げなど複数要因を背景に挙げた。
09:00
加速する仮想通貨リステーキング、a16zがEigenに150億円投資
仮想通貨ETHやSOLのリステーキング「ストーリー」は今年の代表的なテーマの1つであり、投資家の注目と資金を集めている。
07:45
アバランチ、約2時間ブロック確定停止
仮想通貨アバランチのブロックチェーンで、ブロックの確定に問題が発生。ノードのソフトウェアのアップグレードを実施し、約6時間後に解決したことが報告された。
07:15
Flare Network、初期投資家のトークンアンロックを延長 FLR価格20%以上上昇
今回新たに出資したFlareの既存投資家はFLRトークンのロックアップ期間を2026の1Qまで延長し、30日の日平均出来高の0.5%を超えないトークンの売却に同意した。
06:30
UniswapのUNIに利益分配を提案、トークン価格が50%急騰
今まで仮想通貨UNIトークンの保有者には、Uniswapの手数料が分配されない仕組みとなっているが、これが変わる可能性が出てきた。
05:45
bitFlyer、仮想通貨3銘柄新規上場へ
国内暗号資産取引所bitFlyerは3銘柄の新規取り扱いを開始する予定だ。今週2度目の銘柄リスティング発表となる。
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。
13:05
JPモルガンアナリスト「仮想通貨相場の力強い上昇は、個人投資家の関心の高まりが寄与」
JPモルガンはリテール投資家が、ビットコインなど2月の仮想通貨市場の上昇に寄与した可能性が高いと述べた。背景として3つの要因を挙げている。
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧