イーサリアム、チェーン分岐後の世界線とは|Banklessが考察 ETHPoWに価値はつくのか

イーサリアムPoWフォークのアプリケーション

イーサリアム(ETH)の大型アップグレード「マージ」時にチェーン分岐を伴うハードフォークが発生する場合、フォークされたブロックチェーン上で何が起きるのか?という疑問について、暗号資産(仮想通貨)メディアBanklessが展望をまとめた。

22年9月19日に仮予定されているマージ後に、イーサリアムのPoW(プルーフオブワーク)は終了するため、これまでETHを採掘してきた約6,600億円(50億ドル)規模の採掘マシン、及びマイナー(採掘業者)が代替案を探すことになる。

そんな中、一部マイナーがPoS移行後もイーサリアムのPoWチェーンを採掘し続け、イーサリアムブロックチェーンをハードフォーク(分岐)する見通しが高まってきている。

マージとは

イーサリアム・ブロックチェーンのコンセンサス(合意形成)アルゴリズムを「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」から「PoS」へ移行する大型アップグレード。現在のメインネットとコンセンサス形成を担う新しいチェーンを統合することで、新たなネットワークが構成される。

▶️仮想通貨用語集

マージ後にPoWフォークが発生する場合、全てのイーサリアムホルダーは保有していたETHと同数のETHPoW(仮)トークンを受け取ることになる。

また、イーサリアムPoWフォークでネットワーク上の全てがコピーされることにより、プラットフォーム上で構築された多くの資産やアプリケーションも同様にPoWフォーク上に出現する可能性がある。

しかし、「これらの経済圏は実際には機能しない」とBanklessのシニアエディター、Lucas Campbell氏は指摘。PoWフォーク上で波乱が起きると主張する。

ETHPoWの問題は、資産、プロトコル、インフラのすべてが、それを構築している組織によってサポートされる訳ではないこと。トークンやコントラクトはオンチェーンでコピーできても、それを支えるオフチェーンの人やインフラまではコピーできない。

Campbell氏によれば、数兆円規模のステーブルコインのサポートを失ったDeFi(分散型金融)では清算の連鎖が起こり、多くのプロトコルのコピートークンは大本のガバナンスとは切り離された状態となり、裁定取引の機会もボットによって数分以内に回収されることになる。

実際に、大手ステーブルコインUSDCの運営会社CircleはETHPoWをサポートしないことを表明しており、同業のTether社もPoS移行後のETHをサポートする事を表明。将来的にサポートするにしても、両者はPoWチェーン上で新たにステーブルコインを発行する形を採るだろう。

関連:「ETHPow」最新情報まとめ|イーサリアムのマージ後にチェーン分岐の可能性浮上

ETH供給量だけをフォーク

別の選択肢として、PoWフォークがイーサリアムの全ての状態をコピーしない事、つまり、アプリケーションやトークンなどを存在させない方法が考えられる。

この場合、PoWフォークは仮想通貨ETHの供給量のみをコピーし、他のすべての状態はリセットされる。StacksのMuneeb Ali共同創設者は、「自分なら、希望する開発者にPoWフォーク上で新しいコントラクトをデプロイさせる」、と指摘した。

Campbell氏自身はマージ前に多くのETHを蓄積し、静かにETHPoWを受け取る構えを示している。同氏の考えでは、PoWチェーン上で個々のプロトコルトークンがどうなるかは不明だが、少なくともETHPoWは短中期的に価値を維持する可能性がある。

同氏によれば、ETHPoWがその存在価値として評価される可能性のある要素は2つある。一つはPoWフォークがマイナーに支持されることで高いセキュリティと分散性を獲得すること。もう一つは、過去7年間、莫大な経済活動を支えてきた従来のイーサリアムの歴史を引き継ぐことだ。

PoSイーサリアムにはまだ実績がないため、マージ後のチェーンにはある程度のリスクがある。つまり、マージの保険として一部のプロトコルに利用される可能性がゼロではないとCampbell氏は指摘した。

これは(PoW)チェーンの本質的な価値を認めるものではないが、既にバトルテストされているため、そうなる可能性のある重要なプラットフォームとなる。

仮想通貨取引所BitMEXは9日、PoWのイーサリアム「ETHPoW」とステーブルコイン「USDT」の先物取引を開始した。執筆時点で約11,700円(87ドル)で取引されており、初値に対して27.5%下落している。BitMEXでは、ETHPOWに対して最大2倍のレバレッジをかけることができる。

関連:イーサリアム共同創設者ブテリン氏、NFTのプライバシー機能を高めるステルスアドレス実装を提案

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します