Poloniexとジャスティン・サン氏、「マージ」後のイーサリアム分岐を支持

ETHWのサポートを表明

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)マイナーが主導している「分岐(フォーク)コイン」について、海外の取引所Poloniexが初の取引所としてサポートを表明。フォークが実現した場合に派生するコインの配布を約束しており、先行市場も設置する。

Poloniexは4日、「ETHのアップグレードと、可能性のあるハードフォークを完全にサポートする」と発表。イーサリアムのアップグレード後にチェーンが分岐した場合、取引所でETHを保有していた者は「フォークにより生まれる資産を1:1の比率で受け取る」と説明した。

Poloniexはまた、マージ後に存在する可能性がある2つの資産と、現在のETHのマーケットペア(ETHS/ETH、ETHW/ETH)を、8月8日13時(日本時間)からアップグレード時点まで限定で設置する。ETHSはマージ後にPoS化したETHを表し、ETHWはマイナー主導でフォークするPoW版のETHを表す。

分岐チェーンが誕生してもしなくてもETHSは1:1の比率でアップグレードされたETHに自動的に変換され、ETHSペアは上場廃止になる。一方、PoW版ETHのフォークが成功した場合、ETHWの市場は残ることになる。

関連:イーサリアム開発者、「マージ」実施目標を9月に設置

ETHWの実現可能性

イーサリアムがPoS(プルーフオブステーク)に移行するアップグレード「マージ」は、22年9月19日に仮予定されている。

マージ後に元のPoW(プルーフオブワーク)チェーンが終了することにより、ETHを採掘していた大量のマシンの振り分け先を探す必要があるが、有力なチェーンがない場合に従来のETHをフォークして存続させることに経済的メリットが生じる場合があるとされている。

マージとは

イーサリアム・ブロックチェーンのコンセンサス(合意形成)アルゴリズムを「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」から「PoS」へ移行する大型アップグレード。現在のメインネットとコンセンサス形成を担う新しいチェーンを統合することで、新たなネットワークが構成される。

▶️仮想通貨用語集

特に、イーサリアムのマイナー分野の重要人物とされるChandler Guo氏が中心になって、マイナーに「ETHW」を採掘し続けるよう働きかけていることが明らかになっている。

Poloniexの所有者でもあるトロン創設者のジャスティン・サン氏も、この動きに賛同。同氏はETHWをサポートするため、PoW版ETHのエコシステム構築のために自身が受け取る可能性があるETHWを一部寄付すると表明した。

実際にETHがフォークするかどうかは不確定だ。失敗する要因としては、難易度を高めるディフィカルティボムの廃止や、ノードクライアントの構築が難航したり、取引所やウォレットなどのサポートが得られない場合が想定される。また、市場では現在、マイナーの移行先としてイーサリアムクラシック(ETC)に対する期待が最も高く、ETCの価格は過去1か月で約170%増加している。

関連:イーサリアム開発チーム、難易度爆弾の発動延期

一方で、仮想通貨取引所BitMEXのリサーチ部門は、フォークコイン「ETHW」が誕生した場合に「魅力的なトレード機会になる」と主張。「ETHW」が実際に登場すると、投資家の関心を集め、BinanceやFTX等の中央管理型取引所もこれを取り扱う可能性があるとの見解を示していた。水面下では大手取引所HuobiもETHWを支援しているとも伝えられている。

関連:イーサリアム「マージ」後のチェーン分岐の可能性に注目高まる

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します