イーサリアム開発者、「マージ」実施目標を9月に設置

マージの実施予定日

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)のコンセンサスアルゴリズムをプルーフ・オブ・ステーク(PoS)へ移行する「The Merge(マージ)」の実施予定日が22年9月19日に設定された。

マージ(Merge)は英語で「統合」を意味しており、The Mergeでは、ユーザーが現在利用している旧イーサリアム(メインネット)と「ビーコンチェーン」と呼ばれる新しいチェーンを「統合」することにより、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)へのアップグレードが完了する。

PoS移行によりETHのマイニングは終了し、ETHの1日あたりの生成数はPoW時の12,000 ETHから、1,280 ETHへと、インフレ率が約90%減少することになる。

14日に開かれたカンファレンスコールで、主任開発者Tim Beiko氏が提案したスケジュールに対して、コミュニティから異論は出なかった。ただし、メインネットでのマージまでにチェックポイントが複数残されている点に注意が必要だ。

イーサリアム開発者superphiz.ethは、9月19日は確定ではなく、あくまで計画の見通し(仮予定日)として見るよう説明している。

関連:待望のPoSへ、イーサリアム大型アップグレード第一弾「The Merge」を詳細に解説

アップグレードまでのプロセス

マージはこれまで、Ropsten、Sepoliaの2つのテストネットで実装されてきた。イーサリアム・メインネット実装までは、最後のテストネット「Goerli」での試運転が必要となる。

14日の会議資料によるとGoerliでのマージは8月11日に予定されている。また、イーサリアム・メインネットでのマージ(9月19日)の2週間前(9月上旬)には、本番環境の準備のためにクライアントフォーク「Bellatrix」が実行される。

なお、開発者チームは、イーサリアムのテストネットのうち、Ropsten、Kiln、Rinkebyの3つを、マージ完了後に閉鎖すると発表している。GoerliとSepoliaは存続予定である。

チームによると、Goerliには、強力なコミュニティと多くの既存インフラがあり、プロトコルのアップグレードをテストするステーカーや、既存インフラで機能を検討したい開発者に推奨される。

関連仮想通貨ステーキングとは|初心者でもわかる「報酬」の仕組み

一方、Sepoliaは比較的新しく、その状態や履歴はどちらも非常に規模が小さいため同期も早い。より軽量なチェーンとの同期やインタラクションを望むユーザーや開発者に推奨されるという。

PoSとは

保有(=ステーキング)する仮想通貨の割合に応じて、ブロックを新たに承認・生成する権利が得られるコンセンサスアルゴリズムのこと。取引の承認に高性能なコンピューターが必要で、大量の電力消費を伴うPoWに比べ、環境への影響が少ないとされる。

▶️仮想通貨用語集

関連:イーサリアム、Sepoliaでマージを実施予定

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します