イーサリアム開発チーム、難易度爆弾の発動延期

難易度爆弾の発動を延期

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の開発チームは10日、「The Merge(ザ・マージ)」に関する難易度爆弾の発動を遅らせることを報告した。

マージ(Merge)は英語で「統合」を意味しており、The Mergeでは、ユーザーが現在利用している旧イーサリアム(メインネット)と「ビーコンチェーン」と呼ばれる新しいチェーンを「統合」することにより、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)へのアップグレードが完了する。

開発チームは、まずテストネット「Ropsten」において、The Mergeを実装したところだ。今後は、2つのテストネット(GoerliとSepolia)を経てから、最終的にメインネットでも実装される予定である。

今回、チームはRopstenでThe Mergeを行った際に明らかになったバグについて話し合い、難易度爆弾の発動を2022年8月頃まで延期するイーサリアム改善案(EIP)5133を採用した。なお、過去にも発動は5回延期されている。

難易度爆弾(ディフィカルティボム)は、バリデータ(マイナー)を、スムーズに新たなチェーンに移行させるために行われる措置である。

ブロック難易度(バリデータが取引を検証し、ブロックチェーンに追加するのにかかる時間)を次第に指数関数的に増加させ、最後にはバリデータが新しい取引をマイニングすることを不可能にして、イーサリアム上のプルーフ・オブ・ワーク(PoW)を強制的に終了させるものだ。

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)とは

「Proof of Stake(保有による証明)」の略。仮想通貨の保有期間も考慮する場合がある。取引の承認に高性能なコンピューターが必要で、大量の電力消費を伴うコンセンサスアルゴリズム「Proof of Work(PoW)」の代替手段として生まれた。承認を行うと、報酬として新規発行される仮想通貨を受け取ることができる。

▶️仮想通貨用語集

開発をリードするTim Beiko氏は、「EIP5133は、難易度爆弾をさらに500,000ブロック遅らせ、2022年8月中旬にする」として、次のようにツイートしている。

手短に言うと、私達は難易度爆弾を遅延させることに同意した。正確な遅延や発動の日時を決める前に、すべての関連事項について確認を行うつもりだが、2か月程度の遅延と、6月下旬のアップグレード稼動を目標としている。

また、再来週頃には、このプロセスについて公式な報告を行いたいとも続けた。

電力消費量大幅削減へ

もう一人のコア開発者Ben Edgington氏も、難易度爆弾の遅延について報告し、次のように述べた。

難易度爆弾の発動を遅らせることになった。これによって、The Mergeの完了が遅れることはないと思う。遅れることがないように切に願う。

Edgington氏は、PoWのままであれば、二酸化炭素(CO2)を大量排出することにも言及し、イーサリアムのPoS移行において重要となるThe Mergeを早く完了したいという趣旨で発言した。

イーサリアムがPoSに移行した暁には、ブロック生成においてPoWと比較して99%のエネルギーが削減可能だとされている。EIP5133は、The Mergeの完了を早くて2022年8月中旬までに目標設定しているところだ。

関連待望のPoSへ、イーサリアム大型アップグレード第一弾「The Merge」を詳細に解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します