米国取引所Coinbase:政治資金団体設立、仮想通貨関連組織としては初

Coinbaseが政治資金団体設立
仮想通貨取引所Coinbaseは政治資金団体であるPAC(Political Action Committee)を今年6月に設立したことが政府が発行した文書により明らかになった。仮想通貨関連組織としては初の取り組みである。
PACとは
PAC(Political Action Committee)で日本語で「政治行動委員会」と呼ばれます。アメリカでは企業や組織が政治家および政党に直接献金を行うことは禁止されているため、政治資金団体であるPACを設立し、個人から資金調達を行いそれを寄進する形をとっています。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

仮想通貨取引所CoinbaseはPAC(Political Action Committee、政治行動委員会)を設立したと、政府が金曜日の夜に発行した文書で明らかになりました。

Coinbaseが政治資金団体設立

米国連邦選挙委員会の開示によって、Coinbaseが「Coinbase, inc. Political Action Committee」を2018年6月に設立したことがわかりました。

政治資金監視団体Center for Responsive Politicsの説明によると、米国では主に、PACは公職に立候補している候補者のための資金調達を行うために設立されます。

しかし、Coinbaseが設立したPACはまだ資金調達や献金などは行っていないようです。

文書に書かれているForm 3Xー公認の委員会以外に対する収支報告書ーは、このPACは、現時点では公職に立候補している候補者に支援を行っていないことを意味しています。

この文書には、6月4日から6月30日までの報告期間が記載されています。

CoinbaseのコミュニケーションディレクターのElliot Suthers氏は報道関係者の前で詳細は述べませんでしたが、同取引所がPACを設立したことは認めています。

今回の取り組みは仮想通貨関係組織としては初ですが、Coinbase自身はすでに政治的理由で81000ドル(約891万円)を献金しているCNNは報道しています。

78000ドル(約858万円)はバラク・オバマ大統領時代の科学技術政策局のホワイトハウス上級顧問を務めたBrian Forde氏に寄進されています。

残りの3000ドル(約33万円)は共和党のJustin Amash氏とJosh Mandel氏に献金していると思われるBIT PACに寄進されています。

Crypto Exchange Coinbase Forms Political Action Committee

July 21, 2018, Nikhilesh De

参考記事はこちらから

CoinPostの関連記事

米仮想通貨取引所Coinbase:日本進出の舞台裏と展望を語る
今最も注目を集めるFintech界の著名人が集まり7月2日講演が行われ、今回はその中でもCoinbase社の登壇をまとめさせていただきました。講演では顧客を第一に考え、金融庁の方針を理解しそれに沿って安心し信頼できるプラットフォーム形成を行っていくと述べました。
米ウィスコンシン州:BTCなど仮想通貨による政治献金の是非を検討へ
仮想通貨を使用した政治献金について、ウィスコンシン州で議論が活性化。モンタナ州やワシントンD.C.ではすでに政府に承認されており、2016年の大統領選では、ビットコイン献金を受け取った大物政治家もいました。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加