取引所AscendEX、Betswap.gg(BSGG)トークンの取り扱いを開始

BSGGトークン上場

暗号資産(仮想通貨)取引所AscendEXは18日、Betswap.gg (BSGG)の上場を発表した。

通貨ペアはステーブルコインテザー(USDT)建てとなる「BSGG/USDT」。19日現在、すでに取引は開始されている。

Betswap.ggは、DeFi(分散型金融)を採用したスポーツ予測市場におけるベッティングプラットフォーム(取引所)。利用者は、サッカーやフットボールリーグ「NFL」、各種eスポーツの試合結果を予想し、ベットすることが可能。

通常のベッティングプラットフォームとは異なり、プレイヤー同士が直接賭け、自らオッズを設定できるのが特徴だ。

「BSGG」は、同プラットフォームが展開している独自トークンで、総供給量は100億枚。初期供給量は15億枚となっている。

出典:Betswap.gg

手数料の支払いに使用できる形となっており、ステーキングにも対応、トークンを預けることで報酬を得られるほか、初期ベット時の特別プログラムや負けた際のトークンでのキャッシュバックなど、様々な特典が存在。

トークン規格はERC-20で、ブロックチェーンにはレイヤー2ソリューションのポリゴン(MATIC)を採用。ガバナンストークンとしての運用も構想される。

またBetswap.ggで発生した手数料(最大30%)は、DEXを通して「BSGG」にコンバートされる仕組みで、初期供給枚数の90%がこれによってバーンされる計画だ。

ホワイトペーパー上ではロードマップも公開されており、8月中にメタバース上での展開開始を予定。また9月には「ソーシャルベッティング&Play to Earn(遊んで稼ぐ)」の実装が構想されている。

AscendEXとは

AscendEXは、2018年にウォール街の金融有識者らによって設立されたBitMax.ioが、21年3月にリブランディングしたことで誕生した暗号資産の取引所。

ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)XRPなど200以上の銘柄を取り扱っており、現物取引の他にも証拠金取引や先物取引などを提供しているのが特徴。高い流動性と安全なセキュリティが評価され、100万人以上の投資家に使用される取引プラットフォーム。

6月にはレイヤー1ブロックチェーン、ソラナ(SOL)のステーキング対応を開始。また、8月10日からは「ミームプラットフォーム」Lovely Inu(LOVELY)トークンの取り扱いを開始している。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します