米コインベース、中間選挙に向け有権者登録ツールをローンチ

仮想通貨規制の方針に影響

米最大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースは26日、11月に実施される米国中間選挙に向け、「賢明な仮想通貨政策を支持するリーダー」を選出するためのイニシアチブを立ち上げた。有権者登録ツールを含むこのイニシアチブは、仮想通貨ユーザーが重要な政策に関する議論に参加するための情報と機会を提供することを目的としている。

コインベースは、2022年の米国中間選挙は「仮想通貨の歴史上、最も重要な選挙だ」と主張。同社の「オープンな金融システムを構築し、世界の経済的自由を高める」というミッションに密接に関連しているため、あえて政治プロセスに関与する選択をしたと述べた。

コインベースのFaryar Shirzad最高政策責任者は、今後数年の間に、その後数十年の業界の方向性を決める法律や規制が策定されると見込んでいる。今議会だけでも仮想通貨規制に関連する50以上の法案が提出されているという。

つまり、11月の中間選挙で選出される議員が、仮想通貨、ブロックチェーン、そしてWeb3の規制方針について、重要な決定を下す可能性があるわけだ。

そのため、議員らが仮想通貨の仕組みや可能性を理解し、米国で継続的なイノベーションを促進すること、さらに経済的自由の未来のため前進する政策の枠組みをサポートする姿勢が不可欠だとShirzad氏は強調した。

コインベース

コインベースとは、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置く仮想通貨取引所。2012年に創業、2021年4月に米ナスダック市場に上場し、同年8月に日本人向けのサービス提供を開始した。

▶️仮想通貨用語集

ユーザーからの要望

コインベースによると、イニシアチブを立ち上げた背景には、同社の顧客をはじめ仮想通貨コミュニティからの強い要望があった。現在提出された法案の仮想通貨に対する影響を理解し、議論への参加を通して将来を形作ることに関与する手段を切望する声が高まっていたという。

コインベースは政治的プロセスに参加する最大の障壁として、(1)論点に関する教育と(2)投票へのアクセスの二点を指摘。イニシアチブの核心はこれらの障壁を克服するよう支援することだという。

その一環として、今回立ち上げたのが、有権者登録のツールで、外部サイトである政治活動支援プラットフォーム「Capitol Canary」にリンクされている。コインベースがCapitol Canaryに提供された情報へのアクセスや収集を行うことはないと明言した。

中間選挙後に期待

証券取引委員会(SEC)は7月、コインベースが未登録証券の取引を提供していた可能性があるとして調査を開始した。

関連:米SEC、コインベースの未登録証券提供を捜査か=報道

コインベースのBrian Armstrong最高経営責任者は、米CNBCとのインタビューで、「議論の余地がある」仮想通貨の分類について中間選挙後により規制が明確化されることを期待していると述べた。

中間選挙で仮想通貨推進派の議員が議席を増やした場合、規制の方向性に影響をもたらす可能性は十分に考えられるだろう。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します