CoinPostで今最も読まれています

Gunzilla Games、NFT導入の新作バトロワゲーム「Off The Grid」の予告編公開 2023年前半にリリース予定

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ゲーム内でNFTを活用

ブロックチェーンゲーム企業Gunzilla Gamesは25日、NFT(非代替性トークン)をゲーム要素として取り入れた、新作バトルロイヤルゲーム「Off The Grid」の予告編イメージ映像を公開した。

対応機種は、PC、PS5、Xbox Series X。

リリース予定は2023年Q1(1月〜3月)で、実際のゲームプレイの映像は2023年開催予定の世界最大のゲームショウ「Electronic Entertainment Expo(E3)」で披露される見通し。E3 2022は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により中止となっていた。

本作は、最大150人が参加可能なシューティングゲームで、近未来的なサイバーパンクの世界観を採用。SF映画「第9地区」で知られるニール・ブロムカンプ氏が制作に携わっている。

「Off The Grid」は、基盤ブロックチェーンとしてアバランチ(AVAX)を採用予定。本作のNFTは複数の種類が用意されており、NFTアイテムを再販するたびにロイヤリティを受け取れる仕組み。

同NFTのデータキューブ「Validator NFT」には、武器やキャラクター、隠れ家などが入っている。独自のユーティリティトークン「GUN」もNFT内に含まれる予定だ。プレーヤーは自分のアイテムをゲーム外に持ち出すこともできる。

一方Gunzilla Gamesは、「NFTのトレード機能を使うかどうかはプレイヤーの自由だ」と強調。「トレーディング関心のないプレイヤーは、同機能を使用せずゲームを無料で楽しむこともできる」と説明している。

約63億円の資金調達にも成功

「Off The Grid」を手掛けるGunzilla Gamesは、2020年に設立された企業。ドイツのフランクフルトに本社を構えており、大手ゲーム企業ユービーアイソフト、エレクトロニック・アーツ(EA)などに過去在籍していた実力派のメンバーが所属している。

香港のWeb3大手企業アニモカブランズのほか、Griffin Gaming、Republic Capitalなどが支援しており、22年8月には、最新のラウンドで約63億円(4,600万ドル)を資金調達したことを発表した。

調達した資金はプラットフォーム「GunZ」の開発資金として使用される予定。このプラットフォームは、ゲーム内所有物に対するプレーヤーの所有権を認めるシステムを実現する。

NFTとは

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ゲームや音楽、アート作品、各種証明書など幅広く技術が活用されている。

▶️仮想通貨用語集

関連:「P2Eゲームで新しい世界を構築したい」|Galaインタビュー

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
19:07
ビットトレード、アプトスとトンコインの貸暗号資産 高利回り特別募集を開始
ットトレード株式会社はアプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱を開始。併せて、貸暗号資産サービスで、年率20%の高利回り特別募集を開始した。
15:25
バイナンス、アルトコイン3銘柄(通貨ペア)を6月21日に上場廃止へ
大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは、アルトコイン3銘柄(3つの通貨ペア)の上場廃止を発表した。6月21日 (日本時間12:00)を以て売買できなくなる。
13:50
Notcoin開発者、テレグラムゲームの今後を語る
テレグラム上の人気ミニゲームNotcoinの開発を主導したサーシャ・プロトヴィノフ氏は、持続可能で効率的なサブシステムを構築することで、ゲームを進化させていきたいとの考えを明らかにした。
12:19
SECの証券判断見送りでイーサリアム反発、仮想通貨が低調な3つの理由をCryptoQuantアナリストが解説
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアムの有価証券性をめぐる米SEC調査に終止符が打たれETHが反発。CryptoQuantアナリストは、最近の相場が軟調な理由について、ビットコイン半減期の影響などマイナー売りやETFの資金フローを分析した。
11:40
Bitwise、イーサリアム現物ETFに4億円の初期投資
米仮想通貨投資企業Bitwiseは、イーサリアム現物ETFの詳細についての申請書を更新した。約4億円の初期投資を行うとしている。
10:15
米SEC、イーサリアムを有価証券とみなさず
米SECは仮想通貨イーサリアムに関する有価証券性の捜査を中止し、ETHを証券とみなさない。
09:45
Hashdex、現物ビットコインとイーサリアムの混合ETFをSECに申請
ブラジルの仮想通貨投資企業Hashdexは、現物ビットコインとイーサリアムの両方を保有するETFを米SECに申請した。
09:20
コインベース、先週に続き仮想通貨3銘柄の取引停止へ
米仮想通貨取引所大手コインベースは先週に続き、3銘柄の取引停止予定を発表した。
08:40
ETH現物ETF、米SECは早くに承認か
仮想通貨イーサリアムの現物ETFに対する米SECの要求は厳しくないと発行企業の情報筋が明かした。早くに承認される可能性があるとも述べている。
08:18
Ondoの米国債型ステーブルコイン、ソラナDriftで証拠金として利用可能に
ソラナの最大手オンチェーン・デリバティブ取引所Drift ProtocolはOndo製の仮想通貨ステーブルコインUSDYを担保資産として導入した。
08:00
Phantomスマホウォレット、仮想通貨の価格チャートを導入
Phantomはこれまで価格だけ表示しているが、新機能では保有するトークンをクリックすると、チャートと24時間の変動率を見ることができる。また、トークンのホルダー数と総発行数も掲載。
07:05
「BTCは6万ドルまで下落する可能性」CryptoQuant
仮想通貨ビットコインの価格は6万ドルの水準まで下落する可能性があるとCryptoQuantが分析。相場の勢いが弱まっているとみる背景を説明した。
06:50
Uphold、欧州MiCA法準拠でUSDTなどのステーブルコイン上場廃止へ
仮想通貨取引所Upholdは、欧州のMiCA規制環境に備え、7月1日までに欧州市場でUSDTを含むすべてのステーブルコインを上場廃止する。
06:25
自称トランプ氏の公式ミームコイン「DJT」高騰、未だ真偽不明
ブロックチェーンインテレジェンスサービスArkhamはSNSで、仮想通貨DJTの本当の創造者を特定した人に、15万ドルの賞金をかけると投稿し、プラットフォーム内でバウンティを設定した。
05:50
米クラーケン、ソラナとベース基盤のミームコインの先物を提供
米仮想通貨取引所クラーケンは19日、複数のミームコイン無期限先物を提供し始めた。また、現物取引では銘柄の新規上場も実施した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア