SECがウィンクルボスのビットコインETF二度目の申請も却下、BTC価格に影響

米SECは、日本時間27日、ウィンクルボス兄弟が出した2度目のETF申請に対し、投資家にとって十分に安全なのかどうか証明できないとの理由で、申請を却下しました。

ビットコインETFの期待感が高まる中で、ウィンクルボス兄弟に2度目の却下がSECから行われたことで、ビットコイン価格に影響が出ています。

出典:CoinMarketCap

参考記事:www.sec.gov

米SECがDirexion社からの5つのETFを可否判断日程を延期した時同様、SECは現在申請されている複数のビットコインETFを同一視せず、個別にしっかりとした審査を行なっている模様です。

よって、依然一番有力視されるCboeのETFに関する、SECの可否判断が重要な状況は継続するでしょう。

より詳しい内容は以下の記事を執筆しましたので、ご参照ください。

ビットコイン急下落|ウィンクルボス兄弟ETF不許可から見る、仮想通貨市場の状況変化
ウィンクルボス兄弟の申請していたビットコインETF申請が米国証券取引委員会(SEC)不許可となり、仮想通貨市場のBTC価格が暴落。本命視されるCboeのETFへの影響など、市場の重要点に変化はあるのか?内容を読み解いていきます。
▶️速報ニュース一覧へ戻る

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加