米議員、CFTCの監督拡大法案の可決に前向き

「23年1月までの可決」

米議会のデビー・スタバノウ上院議員が自身の提出した暗号資産(仮想通貨)法案が今後数週間以内に可決する見込みを明らかにした。CoinPost提携メディアのThe Blockが報じた。

スタバノウ議員が提出した法案は米CFTC(商品先物取引委員会)の仮想通貨規制における権限の強化を求めるもの。歴史的には、有価証券を取り締まるSEC(証券取引委員会)とは対照的に、CFTCは肯定的な姿勢を見せる傾向がある。

同議員は上院農業委員会の会長。提出した法案は同委員会の共和党議員らであるジョン・ブーズマン議員やジョン・トゥーン議員から支持を得ている。

今後数週間以内に投票して可決に至るとの前向きな展開を予想している。また、法案の上院における投票は今期中に可決して、実現する可能性があると期待感を示した。

ただ、米国議会では、会期は2年おきに閉幕。会期中に可決・施行しなかった法案は再び次の会期でも提出される必要が生じる仕組みだ。

今期の米上院は閉幕する予定だが、法案は超党派で支持を得ている点もスタバノウ上院議員が前向きな見方を続ける要因の一つとなる。

SECとCFTC

米SECのゲリー・ゲンスラー委員長はこれまでにも「大半の仮想通貨は有価証券に該当する」と発言、多数のプロジェクトや企業を証券法違反で摘発してきた。

一方で、CFTCは早期からビットコイン(BTC)をコモディティ(商品)として認めたほか、2017年にはビットコイン先物の取り扱いを認可。

これまでは、両機関が仮想通貨規制における監督権を主張する状況が続いていたが、今月に入り、SECのゲンスラー委員長が一転してCFTCに「有価証券に分類されない」仮想通貨の監督権限を付与する方向を支持している。

関連:ゲンスラー米SEC委員長、CFTCによるビットコインの監督権限を支持

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します