英ビットコイン取引所コインコーナー、ドバイ王室企業「Seed Group」と提携

UAEでビットコイン事業拡大

英王室属領のマン島に拠点を置く暗号資産(仮想通貨)取引所、コインコーナー(CoinCorner)は21日、アラブ首長国連邦(UAE)のプライベートオフィス「Seed Group」と戦略パートナーシップを締結したと発表した。UAEでビットコイン取引のためのソリューションを提供する。

2014年に設立された業界古参のコインコーナーは、ビットコインとライトニング・ネットワークに特化した取引サービスを提供。マン島政府とビットコインに友好的な規制の枠組みづくりで協力し、デジタル通貨を英国全土で受け入れられる取引形態とするよう努めてきた。

今年5月には実店舗でも使用可能な、非接触型決済のビットコインカード「Bolt」の販売を開始している。

ライトニングネットワーク

ライトニングネットワークとは、ビットコインのトランザクション処理能力を解消するため、レイヤー2を利用したオフチェーン技術のこと。ライトニングネットワークの導入により、混雑しがちなブロックチェーン外で取引を行うことが可能になり、取引の高速化や手数料削減につながる。取引の高速化や手数料削減が実現すれば、少額決済が行えるようになるため、新しい商品やサービスが生み出されると期待されている。

▶️仮想通貨用語集

Seed Groupは、ドバイを拠点とするコングロマリットであり、ドバイの支配階級Al Maktoum家の一員である実業家のSheikh Saeed bin Ahmed Al Maktoum氏が設立したプライベートオフィス。世界のテクノロジー企業と提携し、投資することでドバイを中心とするより広い地域への事業拡大を支援している。

今回の提携を通じてSeed Groupは、コインセンターがUAE及び中東地域で効果的に事業拡大できるよう、政府及び民間部門のトップの意思決定者へと繋ぎ、適切なターゲット層に到達できるよう支援するという。一方、コインセンターは、UAEの一般住民にとって使いやすいビットコイン取引のプラットフォーム構築に注力するとともに、現地の企業にビットコイン取引ソリューションを提供する予定だ。

先進的な規制環境

UAEは仮想通貨事業を促進する動きが活発で、仮想通貨に有利な法律が整備され、多くの仮想通貨関連企業が拠点を構えている。

2021年には、ドバイ世界貿易センターが、同特区内で仮想通貨を取り扱う包括的な区域および規制機関になった。さらに、今年3月には仮想通貨のライセンス制に特化した仮想通貨規制局(VARA)を設立。すでにFTXやバイナンス、Crypto.com、Bybitなどがドバイでライセンスを取得している。直近では仮想通貨ウォレットや取引サービスを提供するBlockchain.comが、暫定的な事業ライセンスを取得したと発表した。

関連:Blockchain.com、ドバイで仮想通貨事業ライセンス取得へ

Forexの最近の調査によると、UAEは、仮想通貨の導入環境が最も整備されている上位4カ国のうちの1つ。UAEの仮想通貨市場は2020-21年度に、前会計年度比1,500%という驚異的な成長を遂げ、その取引額は、中東で3番目の規模の約3兆7,500億円(260億ドル)となっている。

Seed GroupのHisham Al Gurg最高経営責任者は、UAEは仮想通貨エコシステムを確立することで、フィンテック企業が成長できる環境を提供しようしていると強調。「個人以外にも、多数の企業が今後、ビットコインをはじめとするデジタル通貨を、取引のための法定通貨として受け入れる用意がある。」と述べた。

コインコーナーの共同設立者兼CEOのDanny Scott氏は、「独自のソリューションで、ビットコイン決済をUAEの”ニューノーマル”とするよう全力を尽くす」と抱負を語った。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します