NASDAQ:GeminiやSBIVCを含む5つの仮想通貨取引所と面会

世界有数の大手取引所NASDAQは現在、独自のSMARTS取引監査技術を複数の仮想通貨取引所に提供している。

SMARTSは取引活動を監視し、取引活動に異常がある場合、察知する。

Winklevoss兄弟のGeminiや、SBI Virtual Currenciesを含む5つの仮想通貨取引所が採用しているが、残り3社は明かされていない。

また会議の内容も明かされなかったが、今後また同じような会合が行われる可能性をNASDAQの広報担当者が示唆した。

CoinPostの関連記事

SBIVC本稼働に向け、仮想通貨市場の将来性を語る|SBI経営近況報告会
SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)が大きな期待を集める中、北尾社長が為替市場の年間取引高18京円と比べ、仮想通貨市場は69兆円に過ぎないと成長性を示唆。Sコイン構想やデジタルアセットを活用した新しい資金調達法「TAO」についても説明した。
ビットコイン急下落|ウィンクルボス兄弟ETF不許可から見る、仮想通貨市場の状況変化
ウィンクルボス兄弟の申請していたビットコインETF申請が米国証券取引委員会(SEC)不許可となり、仮想通貨市場のBTC価格が暴落。本命視されるCboeのETFへの影響など、市場の重要点に変化はあるのか?内容を読み解いていきます。
▶️速報ニュース一覧へ戻る

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用