ブロックチェーン企業Chain、ニューイングランド・ペイトリオッツとWeb3スポンサー契約

Web3体験を構築へ

ブロックチェーンソフトウェア企業のChainは22日、NFLのニューイングランド・ペイトリオッツとMLSのニューイングランド・レボリューションとのスポンサー契約を発表した。

Chain社はKraft Sports + Entertainmentと今回のスポンサー契約を公表。NFL(ナショナルフットボールリーグ)の強豪であるペイトリオッツとMLS(メジャーリーグサッカー)のレボリューション、そしてペイトリオッツの本拠地ジレット・スタジアムなどと複数年契約を結んだ。

提携を通じて、2社はChain社の商品やサービスを活用して、Web3体験を構築していく方針だ。

Web3とは

ウェブ3.0(Web3.0)は、Web1.0およびWeb2.0に続く、ウェブサイトおよびインターネットの潮流、特徴および構造を表している概念。代表的な特徴は、仮想通貨ウォレットを利用したdAppsへのアクセスなど、ブロックチェーンをはじめとする分散型ネットワークのユースケースがある。

▶️仮想通貨用語集

今回の提携について、ChainのDeepak Thapliyal CEOは以下のようにコメントした。

我々はKraft Sports + Entertainmentと連携してジレットスタジアム、そしてペイトリオッツとレボリューションの為のWeb3を活用した将来を思い描くことができるのを誇りに思う。

我々のブロックチェーン技術を活用して、同社のスタジアムを訪れる観客に最先端の体験を提供する手助けをしたい。

また、Kraft Sports + Entertainment社営業部のバイスプレジデントであるMurray Kohl氏は以下のように述べた。

ペイトリオッツとレボリューション、そして我々の技術パートナーは常にイノベーションリーダーであることを目指してきた。ウェブサイトを作る初のプロスポーツになったり、初のオンラインショー、世界で最も長く続いているポッドキャストなど、我々は常に技術が提供する機会を利用してきた。

Chainとともに、Web3でも同様のイノベーションを続けていきたい。今まで無かった形でファンとの接点をつくりたい。

NFLのWeb3動向

米4大プロスポーツの一角であるNFLでは、2021年に暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)で給与を受け取る選手が多数在籍した。

年俸の一部を即座に仮想通貨決済企業を介して、BTCとして受け取る場合、またはFTXとアンバサダー契約を締結してその契約金を仮想通貨で受け取るトム・ブレイディ選手のような事例もある。

関連:米NFLベテランQB、一部年俸をビットコインで受け取りへ

また、NFT(非代替性トークン)を活用した取り組みにも積極的だ。22年5月にはブロックチェーンゲーム開発企業の大手Mythical Gamesと連携して、「Play to Earn(プレイして稼ぐ)」型のモバイルゲーム「NFL Rivals」のローンチも決定。2023年頃のリリースを目指している。

関連:NFLが「Play-to-Earn」に進出、Mythical Gamesが支援

また、チリーズ(CHZ)系のファントークン・プラットフォームSocios.comも多数のNFLチームと提携している。

関連:Socios.com、米NFLの13チームと提携へ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します