ブロックチェーン企業Socios.com、米NFLの13チームと提携へ

Socios.com、米アメフト13チームと提携

スポーツ業界をメインにブロックチェーンソリューションを提供するSocios.comは14日、米アメリカンフットボールのプロリーグ「NFL」の13チームと提携することを発表した。

アトランタ・ファルコンズ、ボルティモア・レイブンズ、シカゴ・ベアーズ、クリーブランド・ブラウンズ、ロサンゼルス・チャージャーズを始め、13のチームと複数年のマーケティング契約を結んだ格好だ。

なお、現在NFLが設けている制限のために、ファントークンの発行は契約に含まれていない。

ファントークンとは

各チームから提供されるトークン。ファン向け機能の使用権利や投票への参加権利を保有者に対して付与するために発行される代替可能なデジタル資産を指す。Socios.comなどが主にスポーツチームに提供している。

▶️仮想通貨用語集

ファンとスポーツチームの交流を強化

パートナーシップはチームごとに結ばれており、詳細で提供するイベントなどが異なっているが、Socios.comは主に、ファンへの懸賞付与、デジタルファン投票、ソーシャルメディアコンテンツ、スタジアムのサインボードなどの面でサービスを提供していく見込みだ。

例えば、クリーブランド・ブラウンズの企業パートナーシップ責任者を務めるDavid Safer氏は、提携について次のように話した。

ブラウンズとSocios.comは、ファンに、チームと関わるための方法を一年中提供していくという点で同じ情熱を持っている。チームが拠点とするオハイオ州北東部や、その他地域に住むファン全員と交流するための新しい方法を見出していきたい。

Sociosは、イタリアのプロサッカーチーム「ユベントス」のトークンを始め、様々なスポーツチームのファントークンを発行してきた。トークンは、イーサリアム(ETH)のブロックチェーンから分岐したチェーンで発行されている。市場で取引可能で、チームの決定に関する投票や、限定景品などの特典も付与される。

関連:名門クラブが続々参入 「チリーズやフィナンシェ活用」ファントークンの発行事例まとめ

ただ、今回の提携でファントークンの発行は行われない見込みだ。

CNBCによると、NFLは3月、チームがブロックチェーン企業と3年間の限定スポンサーシップを結ぶことを認めたが、ファントークンによるプロモーションは禁止している。これについて米国では、証券法がファントークンの発行を難しくしているとの見方もある。

NFLの消費者向け製品責任者Joe Ruggiero氏は、「私達はブロックチェーン技術に極めて強気だ。イノベーションを起こし、今後10年間のファンエンゲージメントを形成する多くの可能性を秘めていると考える」と述べていた。

ダラス・カウボーイズはBlockchain.comと提携

Socios以外のブロックチェーン企業とパートナーシップを結んだチームもある。NFLのダラス・カウボーイズは13日、暗号資産(仮想通貨)プラットフォームBlockchain.comと提携することを発表した。

パートナーシップにより、ソーシャルメディアプロモーションなどを通じて、ファンのコミュニティが強化される。ファンは、Blockchain.comのデジタルウォレットを通じて、選手主催のイベント参加など、特典を得られる予定だ。

また、仮想通貨やWeb3.0について理解を深めるためのサミットや、Blockchain.comで約12,000円(100ドル)以上の仮想通貨を購入したファンに、約6,000円(50ドル)の仮想通貨がボーナスとして提供される1週間限定のプロモーションも行われる。

カウボーイズのオーナー兼社長のJerry Jones氏は、次のようにコメントした。

NFLで初めて、仮想通貨企業と公式パートナーシップを締結したチームであること、そしてBlockchain.comと共に、革新的なビジネスに乗り出すことを誇りに思う。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します