米国公認会計士協会が内国歳入庁(IRS)へ仮想通貨に関する税金のガイドライン、新たな提案

7月30日(日本時間、31日)に、米国公認会計士協会(AICPA)は内国歳入庁(IRS)のバーチャル・カレンシー・ガイダンスという税金のガイドラインに新たな提案を提出したと判明。

今回の提案は、AICPAが主導する「バーチャル・カレンシータスクフォース」が考案し、AICPAの「税金執行委員会」が認可したもの。

同提案にて、12か条の項目を基に、IRSに取り急ぎ、バーチャル・カレンシー取引に適用するガイドラインを要請した。

CoinPostのおすすめ記事

【速報】AlphaPointが世界初のXRPのみが基軸となった仮想通貨取引所DCEXを始動
DCEXは、仮想通貨XRPのみが基軸となった世界初の仮想通貨取引所です。XRPと交換可能な通貨は15種類です。DCEXは、現在は登録のみが可能で、取引は数週間後に行われます。
ビットコイン重要サポートラインを意識|価格変動にOTC市場の急拡大が影響か?
ここ数日で、仮想通貨市場の時価総額は、3,000億ドル(約33.2兆円)から、7月31日時点で2,850億ドル(約31.6兆円)ほどまで下落を見せた。現時点で、中期的な買いシグナルがあるものの、もし8,100ドル(約90万円)の支持線を下回れば、短期的な下落が加速する可能性があることを示唆している。
▶️速報ニュース一覧へ戻る

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加