CoinPostで今最も読まれています

米パウエル議長ら、DeFiやステーブルコインへの対応を語る

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨やDeFiへの対応方針

欧州中央銀行(ECB)のクリスティーヌ・ラガルド総裁、米連邦準備制度(FRB)のジェローム・パウエル議長、国際決済銀行(BIS)のアグスティン・カルステンス総支配人は27日、フランス中銀が主催したイベントに登壇し、暗号資産(仮想通貨)規制について議論した。

ラガルド総裁は、今ではPayPal、Visa、Mastercardなどの大手企業も仮想通貨に参入しており、そうした需要に対処するべき時だと述べる。仮想通貨により、金融システムを安定させる中央銀行の役割が弱まるリスクもあるとしており、そうした役割を維持するための対応が必要だと続けた。

特に、「もし私たちが中央銀行デジタル通貨(CBDC)の面で、実験、革新に参加しないなら、中央銀行は金融システムのアンカー(安定させるもの)としての役割を失う危険がある」と発言。CBDCのプロジェクトを重視する姿勢を示している。

デジタルユーロについて

欧州のCBDCであるデジタルユーロについては、欧州委員会の金融安定・金融サービス・資本市場同盟担当委員メイリード・マクギネス氏も、同じイベントで言及していた。

マクギネス氏は「デジタルユーロは、欧州全域の人々や企業に新たな決済手段を提供することになるだろう。オンライン決済、オフライン決済、ピアツーピア決済、その他多くの新しいオプションが検討されている。民間主導の決済ツールを補完するものであり、代替するものではない」と述べた。

また、欧州委員会は2023年に、デジタルユーロの原則を規定する法案を提出する予定だと続けた。その後、この法案について欧州議会と理事会が議論し、修正する機会を持つことになるとしている。

マクギネス氏は「この法案は、ECBによるデジタルユーロの発行を実現する前に必要なステップになる」とも話した。

CBDCとは

各国・地域の中央銀行が発行するデジタル化された通貨を指す。「Central Bank Digital Currency」の略である。仮想通貨との大きな違いは、CBDCは法定通貨であること。通貨の管理や決済等においてコスト削減や効率性向上が期待できる一方で、個人情報やプライバシーの保護、セキュリティ対策、金融システムへの影響など考慮すべき課題は多い。

▶️仮想通貨用語集

DeFiへの対応

国際決済銀行(BIS)のカルステンス総支配人はDeFiの課題を挙げた。

DeFiは借り入れや貸し出し、取引を容易にする機能を持つ一方、リスクに対応するインフラがないとする形だ。DeFiは、従来型金融に存在してきたリスク(流動性やカウンターパーティーのリスク、レバレッジリスクなど)に同様にさらされているが、それに対処するための構造がないとする。

そのために、DeFiは安定性について担保に依存しており、担保として使われることの多いステーブルコインはDeFiにおける潤滑油になっていると続けた。

しかし、カルステンス氏は担保が効果的でないこともしばしばだと指摘。DeFiは取引所に活動を依存しているが、それらの取引所は、多様な活動を適切に分離していない、適切なガバナンスを行っていないなどの問題を抱えている場合があると続けた。

DeFiがもたらす利便性を認識しつつ、当局がDeFiに適切に対応していくことが必要で、特に従来型金融と接点がある部分はリスクになると話している。

DeFi(分散型金融)とは

ブロックチェーンを活用し、中央管理者不在の状態で行われる金融サービス、またはそのシステムを指す。「Decentralized Finance」の略。DeFiで行われる金融サービスには、ステーブルコインの発行や通貨の貸出、仮想通貨取引所などがある。イーサリアムのブロックチェーンを利用しているプラットフォームが多い。

▶️仮想通貨用語集

FRBのパウエル議長も、カルステンス氏の発言を受けてDeFiに言及した。

パウエル氏は「金融安定性の観点から見ると、DeFiエコシステムと伝統的な銀行システムとの間の相互作用は、現時点ではそれほど大きくない」ために、まだ対応するための時間があるとしている。

しかし、「こうした状況がいつまでも続くわけではない」として注意を向けておく必要があり、「DeFiが拡大し、より多くの個人顧客がこれを使い始めた際には、より適切な規制が実施されることが必要だ」と指摘した。

関連世界の投資家が注目する米金融政策決定会合「FOMC」とは|分かりやすく解説

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/06 火曜日
14:45
ブテリン氏が期待寄せるイーサリアムの活用法5選
イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏はブログで、イーサリアムのエコシステムの中で最も「エキサイティング」だと考えるユースケースを五つ選んで紹介した。
14:19
分散型永久オプション市場「Panoptic」、6億円を調達
イーサリアムブロックチェーン上で永久オプションを構築するDeFi(分散型金融)プロトコル「Panoptic」は、約6億円を調達したことを発表した。gumi Cryptos Capitalがリードインベスターを務めた。
13:30
Oasys、戦略的投資ラウンドとパブリックセール完了
日本発のゲーム特化型ブロックチェーンプロジェクトOasys(OAS)は戦略的投資ラウンドとパブリックトークンセールの完了を発表。MZ Web3 ファンドやNexonなどが出資ラウンドに参加した。
12:03
米株下落でビットコイン連れ安、アクシー(AXS)は一時前日比20%
ISM非製造業景況指数を受け米株指数が売られたことで暗号資産(仮想通貨)も冴えない。国内取引所bitbank上場が発表されたブロックチェーンゲームのアクシー(AXS)が一時20%高まで上昇した。
12:00
Aave、SonarをLens Protocolに統合
分散型ソーシャルメディアプラットフォームLens Protocolが、ソーシャルモバイルメタバースSonarの買収を発表した。今後Sonarは同プロトコルを統合していく予定だ。
11:25
米サークル社、SPACによる上場を延期へ
主要ステーブルコインのUSDCを提供する米サークル社は、ニューヨーク証券取引所にSPAC上場の相互的な解消を発表した。長期的な上場企業になる目標は依然として変わらない。
10:00
米リップル社とSEC、裁判所に最終書類を提出
米リップル社とSECは、仮想通貨XRPの有価証券問題を巡る裁判で、略式判決の動議書に対する回答を提出。約2年継続した裁判は、最終局面に入ったとみられる。
09:32
ツイッター、独自仮想通貨発行か
米ツイッター社は、独自通貨Twitter Coinを開発している可能性が浮上。仮想通貨に対応した投げ銭機能で使用されるとみられ、ツイッターコインは仮想通貨である可能性がある。
09:30
レンディングのNexo、米市場から撤退
仮想通貨融資企業Nexoは、米国から数か月をかけて段階的に撤退すると発表した。米国の州および連邦規制当局との対話に行き詰まったことを理由としている。
12/05 月曜日
16:50
bitFlyer、ZPG取り扱い開始へ
国内仮想通貨取引所bitFlyerが金(ゴールド)価格との連動を目指すジパングコイン(ZPG)の取り扱いを開始すると発表。基盤技術としてbitFlyer Blockchainのmiyabiを採用している。
14:30
TEAMZ WEB 3.0 SUMMITが開催決定
TEAMZは11月29日、日本最大級となるWeb3カンファレンス「TEAMZ WEB 3.0 SUMMIT 2023」の開催日を発表。来年4月6日(水)〜7日(木)の2日間の日程で東京・虎ノ門ヒルズで開催される。
14:20
ETH時価総額、BTCを追い抜けるのか丨動画解説
なぜ有識者はイーサリアムの時価総額がビットコインを抜かせると考えるのか?大型アップグレード「マージ」で変化した重要点など、市場の売り圧力についてWeb3企業HashHubの平野CEOが解説。
13:15
運営停止中のAAX、業務再開は困難か
運営停止中の仮想通貨取引所 Atom Asset Exchangeが、FTX破綻後の次なる犠牲となるのか憶測が広まっている。11月末に辞任したコミュニケーション担当責任者は、同取引所が通常業務を再開するよりも、「法的手続きに移行する」可能性の方が高いと指摘した。
12:54
みずほやSBI、Datachainと相互運用性に関する技術連携を開始
株式会社Datachainはみずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社とSBI R3 Japan株式会社とのクロスチェーン技術における技術連携の開始を発表。相互運用性のユースケースを検討していく。
12:25
ドル指数続落で仮想通貨にも追い風、好材料のAVAXなど上昇
暗号資産(仮想通貨)ではドル指数(DXY)の続落を受けビットコインやイーサリアムが反発。アルトコイン相場では好材料の出たアバランチ(AVAX)やアプトス(APT)が上昇した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧