ビットコイン、7日間の最安値7800ドルを割る

ビットコイン価格は、7日間で、4度目の8000ドルを下回り、週間最安値となる7800ドルと記録、日本円でも86万円まで下落した。

執筆時、BTCは7730ドルで取引され、記録された低値の7677ドルを少し上回っている。

昨日では、一時7900ドルを切り、素早く8200ドルまで回復したが、今回も同様の動きとなるかが注目点。

8000ドルを中心にボラティリティの高い値動きを記録するビットコイン、8000ドルが重要な指標であることは度々指摘されており、下に大きく相場が突き抜けた場合、注意が必要となる。

参考記事:CoinDesk

CoinPostの関連記事

ビットコイン重要サポートラインを意識|価格変動にOTC市場の急拡大が影響か?
ここ数日で、仮想通貨市場の時価総額は、3,000億ドル(約33.2兆円)から、7月31日時点で2,850億ドル(約31.6兆円)ほどまで下落を見せた。現時点で、中期的な買いシグナルがあるものの、もし8,100ドル(約90万円)の支持線を下回れば、短期的な下落が加速する可能性があることを示唆している。
▶️速報ニュース一覧へ戻る

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加