NEO:次世代のスマートエコノミックモデルのためにCertiKと提携発表

今週、NEOは、スマートコントラクトとブロックチェーンエコシステムのための正式な検証プラットフォームであるCertikとの提携を発表し、プラットフォームのセキュリティを強化する。

スマートコントラクトの確認とは別に、セキュリティ監査役であるCertiKは、NEOのデジタル資産とデジタル身分証明を証明するための合わせたソリューションも提供。

今回の両者のコラボレーションは、スマートエコノミーに革命をもたらす準備があるとのこと。

CoinPostの関連記事

仮想通貨 ネオ(NEO)/旧アントシェアーズ(Antshares)とは?
時価総額上位の人気仮想通貨であるネオ(NEO)の特徴と将来性について、投資初心者にもわかりやすく解説。さらに、ネオ(NEO)のマイニング方法、安全に保管するためのウォレット、取り扱いのある仮想通貨取引所について、詳しい情報をまとめています。 イーサリアムと同様スマートコントラクトを実装しており、アリババ等の大手企業と提携している中国の仮想通貨です。
仮想通貨ネオ(NEO)は実物資産によるスマート・エコノミーを構築できるか
仮想通貨ネオ(NEO)は、住宅や車を始めとする、全ての「実物資産」を正確に追跡し、その取引の透明性、利便性を向上させるスマート・エコノミーの実現を目標に掲げています。
▶️速報ニュース一覧へ戻る

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加